日刊サイゾー トップ > 海外  > 「唾液白玉団子」提供か

客の食べ残しを再利用「唾液白玉団子」

客が残した白玉団子を鍋に入れる店主(「現代快報」より)

 中国では、食に関する不祥事が一向になくなる気配がない。以前、当サイトでは客が残したスープをろ過して再利用した「口水油(唾液スープ)」について紹介したことがあるが(参照記事)、またもや同様の事件が起きた。

「中国経済網」(11月28日付)などによると、江蘇省南京市江北新区にある老舗餡入り白玉団子店で、客が残した白玉団子を再利用する、いわゆる「唾液白玉団子」を提供していたことがわかった。現場を目撃した隣接する飲食店の通報で発覚したが、店主はそれを否定。ところが監視カメラの映像には、「再生作業」の一部始終がしっかりと映っていた。

 10月2日夜11時5分、店主は、客が食べ残した白玉団子をひとつのお椀にまとめると、作業台の上に置いた。そして外の様子をうかがい、誰もいないことがわかるとそれを鍋に入れ、さっとゆでれば完成だ。さらに映像には、約30分後にも再び同様の「再生作業」を行っていることが捉えられている。30分の間に2回もやっているということは、日常的に行われているとみて間違いないだろう。実際、江北新区管委会市場監管局によると、同店は6月と9月に同様の容疑で通報されていたが、証拠不十分でおとがめなしだった。

 店主は「ゴミの分別のため、ボウルに移しておいただけ」と釈明しているが、今回は動かぬ証拠があるため、苦しい言い訳は通じず、ついに営業停止処分を科された。同店の白玉団子は1杯5元(約78円)と格安のため人気だったが、ここまで大々的に報じられると、営業を再開させるのは難しいだろう。

 中国では、飲食店で客が残した火鍋のスープを別の客に出す行為なども横行しているが、食べ物の種類を問わず、同様の再利用は頻繁に行われているようだ。

 中国でお食事の際は、くれぐれも覚悟してほしい。

(文=中山介石)

中山介石(ライター)

1970年、神奈川県横浜市生まれ。日本の食材をハンドキャリーで中国に運ぶ傍ら、副業として翻訳・ライター業に従事している。

なかやまかいすけ

最終更新:2019/12/08 14:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed