日刊サイゾー トップ > スポーツ > 格闘技  > 天心の二股報道で誰も得せず

誰も得をしなかった? 那須川天心の“二股報道”で葉加瀬マイの新婚家庭に暗雲か!?

文=田中七男

那須川天心オフィシャルサイトより

 10日発売の写真週刊誌「FLAH」(光文社)が、格闘家でキック界の“神童”と称される那須川天心が女子格闘家・浅倉カンナと交際中に、グラドルの葉加瀬マイと二股をかけていたと報じた。

 同誌によれば、昨年2月、友人A氏が那須川の自宅に遊びに行った際、葉加瀬が那須川にまたがって、ほおをつかんだり、何度もキスをしたりする姿を目撃したのだといい、写真付きで取り上げられている。後日、A氏が那須川を問いただすと、葉加瀬と付き合っていることを認めたとされる。

 同誌では、同6月に、那須川と浅倉が交際していることを「キス写真」付きで報じており、那須川の知人が「2017年1月頃より、付き合い始めた」と証言していた。

 葉加瀬の所属事務所によると、昨年2月当時、那須川と葉加瀬が付き合っていたことを認めたが、那須川と浅倉との交際報道が出る前に気付いて、連絡を取らなくなったのだという。

 なんともややこしい話だが、報道が事実であれば、一時期、那須川は浅倉、葉加瀬と同時進行で付き合っていたことになる。

 11月30日、浅倉が自身のTwitterで、那須川との別離を示唆したことから、同誌では、このネタの掲載に踏み切ったのかもしれないが、正直、那須川も浅倉も葉加瀬も誰一人この記事でトクすることはなさそう。

「那須川は二股騒動でイメージダウン。浅倉は別れたばかりなのに、傷口に塩をなすりつけられるような思いでしょう。特に気の毒なのは5月に3歳年上の外科医と結婚したばかりの葉加瀬ですね。夫と交際を始めたのが、那須川と別れた後だったとしても、今さらこんな記事が出てしまったら、本人も旦那さんも気分は悪いでしょう。夫婦ゲンカになることなく、旦那さんが寛大な人であるといいのですが……」(芸能ライター)

 はからずも、友人のタレコミで、“好青年”のイメージを崩されてしまった那須川。31日には、さいたまスーパーアリーナで開催される「RIZIN.20」で、WKBA世界スーパーバンタム級王者・江幡塁とキックルールで対戦するが、リング上でスカッと勝利して、悪いイメージを払拭するしかなさそうだ。

最終更新:2019/12/12 06:00

誰も得をしなかった? 那須川天心の“二股報道”で葉加瀬マイの新婚家庭に暗雲か!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

“第7世代の刺客”DJ松永に熱視線

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

 パリ人肉事件を起こした佐川一政の近況を追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉...
写真