日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 工藤静香、手編みニット帽に大反響

Koki,に奪われた!? 工藤静香、手編みニット帽のエピソードに大反響「この色彩感覚、ゾワゾワする」

文=日刊サイゾー

インスタグラム:工藤静香(@Kudo_shizuka)より

 工藤静香が次女でモデルのKoki,に関するあるエピソードを明かし、大きな反響を集めている。

 デビュー以来、トップモデルのような活躍を見せているKoki,。海外での仕事の際には工藤が帯同していることなどもたびたび報じられるなど、親子愛が強い2人だが、そんな中、工藤は26日に自身のインスタグラムのストーリーズを更新した。

 紫と白色のニット帽と、オレンジ色のニット帽を映した写真を投稿し、「昨夜編んだ右の元気カラーのニット帽。今朝次女に奪われた」と、編みたての帽子をKoki,に取られてしまったことを明かした。

 さらに工藤は新しい毛糸玉を3玉写した写真を披露し、「今夜時間があったら、この感じで編もう」とつづっていたものの、その次の投稿では編み途中のニット帽の写真をアップし「ガーン ベージュにしたが、糸が足りない」「もう1玉あると勘違い。無いじゃ~ん笑」とコメント。最後には赤いニット帽を被った自身の写真を披露し、「一つ仕上がらないのがやはり納得いかず。。。赤にした。」と自身の完璧主義な性格を明かしつつ、「もうこの性格何とかしないと シワが増える!!」と自身の想いを語っていた。

 しかし、この一連の投稿にネットからは、「この色彩感覚、ゾワゾワする」「私が娘ならこの帽子は奪わないわ」「一晩で編める私すごいでしょ、というマウンティング?」という厳しい声が集まっていた。

 注目を浴び続ける親子だけに、些細な家庭内エピソードにも世間の関心は高いようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/29 06:00
関連キーワード

Koki,に奪われた!? 工藤静香、手編みニット帽のエピソードに大反響「この色彩感覚、ゾワゾワする」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真