日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 鷲見アナ、準強姦罪の可能性も

テレ東に激震!? 鷲見玲奈アナ、酩酊状態で“一線越え”なら同僚アナに「準強姦罪」の可能性

文=日刊サイゾー

インスタグラム:鷲見玲奈(@sumi_reina)より

 もっか女子アナファンを熱くさせているのが、先輩アナとの不倫疑惑が報じられたテレビ東京の鷲見玲奈アナだ。

 12月26日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、鷲見アナが同僚である増田和也アナとカラオケボックスで“一線”を越えたと伝えている。

 局の聞き取り調査に対し、2人は報道を否定しているというが、そんななか、26日の日刊スポーツが現場の様子を続報している。

「制作関係者は当時の状況について、『2人はかなり酔っており、当時酩酊(めいてい)状態にあったようだ』と話している。また、鷲見アナはレギュラーを務める『追跡LIVE!SPORTSウォッチャー』の欠席が続いていますが、自宅周辺で取材活動もされており、本人は憔悴しきっていると状況だといいます」(芸能記者)

 一方で、別部署に異動させられたとはいえ、妻子のいる増田アナへの批判コメントは目立たず、事のほかダメージは少ないように見える。しかし、もし酩酊状態だった鷲見アナと“一線”を越えたとなると、準強姦罪にあたる可能性があるという。法曹関係者が明かす。

「準強姦罪は、刑法178条2項で『女子の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、姦淫』と定義されています。つまり準強姦罪では、合意や脅迫・暴行の有無ではなく、『合意判断できる状態であったか否か』がポイントとなり、『拒否不能』のケースには酩酊状態も含まれます」

 準強姦といえば、学生サークル「スーパーフリー」による集団強姦事件や元柔道金メダリスト・内柴正人による女子柔道部員暴行事件が記憶に新しい。

 増田アナは、実はかなりヤバイ状況にいる。テレビ東京に激震が走りそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/29 10:00

テレ東に激震!? 鷲見玲奈アナ、酩酊状態で“一線越え”なら同僚アナに「準強姦罪」の可能性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真