日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 内村光良「20年紅白司会」も内定

内村光良「2020年紅白司会」も内定か⁉ 相方・南原清隆との格差はさらに拡大へ

文=日刊サイゾー

内村光良

「国民的司会者」のポジションは揺るぎない⁉

 大晦日の放送を控え、『第70回NHK紅白歌合戦』の入念なリハーサルが行われているが、3年連続で総合司会を務めるウッチャンナンチャン・内村光良が八面六臂の活躍を見せてくれそうだ。

「同局のコント番組『LIFE!』に出演している内村ですが、今年も紅白とコラボし、紅組司会の綾瀬はるか、白組で出場する嵐・大野智が加わり、紅白スペシャルバージョンのコントが放送されます。また、内村は乃木坂46、欅坂46、日向坂46の坂道シリーズの3グループがシンクロするステージにも参加。『邪魔をしないように、やるからには100の力で真剣に踊ります』と意気込んでいました」(スポーツ紙記者)

 そんな内村は会見で、「3回目ですけど慣れません。本当にこの場は。特別な場というか緊張する場です」と謙遜していたが、なんと本番が始まる前にある話が決まっているという。業界関係者が耳打ちする。

「NHKはすでに2020年の紅白司会もオファー済み。そればかりか、『もう2~3年はやってほしい』と長期契約を結びたい考えを伝えたようです。リハーサルや取材の場でも、綾瀬はるかや嵐・櫻井翔をうまく操縦するなど安定感は抜群。まだ今年の結果が出ていないのに次の話をするのは前代未聞ですが、それだけ評価が高いということでしょう。内村も熱意に押されて快諾したといいます」

 NHKのみならず、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)や『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)など高視聴率番組のMCを務め、今もっとも数字の取れる芸能人の一人として君臨している内村。『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で“置物”と化している南原清隆との“格差”は広がっていくばかりだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/30 10:00

内村光良「2020年紅白司会」も内定か⁉ 相方・南原清隆との格差はさらに拡大へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真