日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 綾瀬はるか母乳シーンに批判殺到

制作陣のセクハラ!? 綾瀬はるか、ドラマ『ぎぼむす』SPの“トンデモ母乳”に批判殺到

文=日刊サイゾー

綾瀬はるか

 綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(TBS系)が2日、放送された。

2018年に放送された連ドラ版は最終回で視聴率19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録しており、スペシャル版にも注目が集まっていたが、連ドラの1年後を描いた今作は、本編ではほとんどなかった下ネタが多かったことで、眉をひそめた視聴者もいたようだ。

「序盤、麦田(佐藤健)がみゆき(上白石萌歌)に好意を抱く大樹(井之脇海)にコンドームを渡し、『男のたしなみだぞ。お前使わない派なの? コンドーム持ってない男は挨拶できない男と一緒って言ってたぞ、鷹さんが』と、AV男優・加藤鷹の名言を引用した台詞を披露。その後もコンドームネタが随所に散りばめられていました。しかし、正月放送で家族と観ていた視聴者も多く、ネット上では『親と観ていて気まずい』『子供からあれは何?って聞かれた』『リビングがフリーズ』といった苦言が噴出していました」(テレビ誌ライター)

 さらに、物議を醸したのが綾瀬演じるみゆきの義母・亜希子の授乳シーンだ。

「今回は、亜希子らが捨て子の赤ちゃんの面倒を見るストーリーとなっていました。ところが、妊娠も出産もしていない亜希子が、赤ん坊を見て母性が溢れたせいか母乳が出るという展開となり、それを赤ん坊に授乳させるトンデモシーンが描かれました。胸元すら見せない鉄壁ガードでしたが、綾瀬の母乳を想像して興奮した視聴者が続出した一方で、説明やオチが何もなかったことに批判が続出。また、必然性もまったくなかったことで『制作陣による綾瀬へのセクハラ』『むしろ乳ガンの可能性のほうが高い』『あきらかに病気のサイン』と指摘されています。膿かもしれないものをよその赤ん坊にあげてしまっているわけで、あらゆる状況に対し、正確に対処する亜希子にしてはありえない行動でもありました」(前出・テレビ誌ライター)

 スペシャル版は、さらなる続編がある終わり方をしていたが、リアルなドラマであるならば、母乳の謎はきちんと説明してもらいたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/09 10:22

制作陣のセクハラ!? 綾瀬はるか、ドラマ『ぎぼむす』SPの“トンデモ母乳”に批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真