日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 菅官房長官が殺されたのは必然
週刊誌スクープ大賞

菅官房長官が“殺された”のは必然か? 人望もカネも潤沢ではない男が側近スキャンダルで窮地に

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

今週の注目記事・1「最高実力者・菅官房長官はこうして殺された」(『週刊現代』1/11・18号)

同・2「五輪に巣食ったシロアリ役人」(『週刊ポスト』1/11・18号)

同・3「横尾忠則『山田洋次監督にアイディアを盗まれた』」(『週刊ポスト』1/17・24号)

同・4「2020年の制度改正“気をつけること”カレンダー」(『週刊ポスト』1/17・24号)

同・5「ニトリ会長・似鳥昭雄のニッポン経済予測」(『週刊現代』1/11・18号)

同・6「なぜ、カルロス・ゴーンは逃げたのか」(『サンデー毎日』1/19号)

同・7「ジム・ロジャーズがズバリ予言」(『週刊朝日』1/17号)

同・8「MEGA地震予測 令和2年最新版『東日本大震災前と同じ異常変動が現れた』」(『週刊ポスト』1/17・24号)

同・9「11月、トランプ落選で習近平が『人民元を国際通貨に』」(『週刊現代』1/11・18号)

同・10「国論真っ二つの大激論 安倍首相は『4選目指すべき』か『早期退陣すべき』か」(『週刊ポスト』1/17・24号)

同・11「『韓国が嫌いな日本人』は世界からどう見られているのか」(『週刊現代』1/11・18号)

同・12「伊集院静『それがどうした』」(『週刊現代』1/11・18号)

同・13「ザ・芸能 吉本興業にジャニーズ、狙われた芸能プロ」(『週刊現代』1/11・18号)

同・14「史上最高のAV女優ランキング」(『週刊ポスト』1/17・24号)

同・15「3分でわかる『血管年齢』チェックシート」(『週刊ポスト』1/17・24号)

【巻末付録】現代とポストのSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 明けましておめでとうございます。今年もこのコラムをお読みいただけるよう、臥してお願い申し上げます。

 年末年始と、世界中を震撼させるようなニュースが2つも起きた。

 一つはカルロス・ゴーン元日産会長が、日本を脱出して自分の祖国であるレバノンへ行ったことだ。

 釈放中、しかも15億円という巨額な保釈金を払って、弁護士たちと公判について打ち合わせしている中での逃亡劇に、ニュースを聞いたとき驚いて声を失った。

 まるで007に出て来るような展開は、これからどうなっていくのか、予断を許さない。

 もっと深刻なのが、トランプ大統領が米軍に命じて、イランのイスラム革命防衛隊のソレイマニ司令官(62)を空爆して殺害したことだった。

 イラン側が米国攻撃を計画し、実行寸前だったというのなら、国際世論も少しは納得しただろうが、命じた後の弱腰といい訳を聞いていると、間違った情報に基づく間違った選択だったようである。

 だが、これでイラク側がアメリカへ報復する大義を持ってしまったのだ。

 強いアメリカを体現しようとして、やってはならないことをやってしまったのである。

 大統領選で再選されたいという「欲望」が、イラクとの戦争へ発展するかもしれない「愚かな」選択をさせたのだろう。

 事の推移の如何によっては、トランプは辞任せざるをえなくなるかもしれない。

 バカな大統領がバカなことをしでかしたのだが、日本は安全だと思うのは間違いだ。イラクにとって、トランプと安倍は同じ穴の狢なのだ。

 今すぐ国会を開催して、この問題にどう対処するのかを議論すべきだと思うが、自民党も野党も「平和ボケ」が治らず、危機感がなさすぎる。

 このままいけば、東京五輪という大イベントを控える日本が、反米テロ組織の標的になるかもしれない。

 五輪を人質にされたら……、日本はなす術もなく、テロ組織に屈服するしかなくなる。

 そんな小説のようなことが起こりうると、私は思うのだが。

 さて、本筋に入ろう。

 現代とポストは合併号だから、昨年中に作り置きしたお節料理の様なもので、ゴーンやトランプの記事など、どこを探しても見つからない。

 そこで今週は、順位なしにした。

 まずはポストから。心筋梗塞や脳梗塞になる友人知人が、私の周りでも多い。

 私もときどきはCTやMRIで血管を調べてもらうが、医者のいうのは決まって、「今のところは何とか大丈夫でしょう」。だが、血圧に糖尿病では、いつ倒れてもおかしくないといいわたされる。

 ポストにある3分でわかるチェックシートをやってみた。設問には「日頃歩くことが少ない」「生活リズムが不規則」「階段や坂を登るのがつらい」「四肢の冷えやしびれを感じる」などがあり、それぞれ1点だが、高血圧は4点、糖尿病は5点にもなる。

 結果、0~4点は実年齢相応。5~8点は実年齢より10歳以上老化している。9点以上は実年齢より20歳以上老化しているとあるが、私は何と19点である。

 ほぼ満点に近いと喜んでいる場合じゃない。早速この原稿を放り出して寒風の中、ジョギングでもしなけりゃ。

 そう思うのだが、あまり寒いところを走るのは脳梗塞の危険を増すから、春になって温かくなったらにしよう。

 そう考えて、日本茶で昨日買った羊羹を食べるのであった。ダメだなこれじゃ。

12345

菅官房長官が“殺された”のは必然か? 人望もカネも潤沢ではない男が側近スキャンダルで窮地にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

コント職人が集結の極上ユニット

 しずるとライスとサルゴリラの同期芸人たちがユニットを組んで新たに「メトロンズ」とし...
写真