日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 熱血!”文化系”スポーツ部  > 落合のレジェンドは長嶋じゃない!?

落合博満のレジェンドは長嶋茂雄じゃなかった!? 五輪イヤーに注目したい“陰の主役”たち

文=オグマナオト(おぐま・なおと)

野球にもラグビーにも“陰の主役”がいる

 また、Amazonプライムでは、2カ月前からナイツをMCに起用したトークバラエティ『プロ野球そこそこ昔ばなし』がスタート。往年のスター選手たちが、パンチパーマにセカンドバッグ、極太金ネックレスをぶら下げ、二日酔いでマウンドに立っていたあの頃(昭和後期)のエピソードをあけすけに語っていく。

 でも、こういったネタはあくまでも「野球界のB面」。それはそれで楽しいけれど、やっぱりA面の「さすがプロ野球!」の話題も見たいのだ。そして、YouTubeもAmazonも権利問題で映像は使えないぶん、エピソードトークだけが続くと物足りなさを感じてしまう。

 そんな中で始まった“ど直球での振り返り企画”こそ、この『レジェンドの目撃者』。取材力、映像の力、構成力のいずれも素晴らしく、今後のシリーズ化を期待したい内容だった。

 さて、そんな番組の最後に「落合にとってのレジェンドは誰?」という質問があった。私はてっきり「憧れの人物」とずっと公言してきた“長嶋茂雄”と答えるものだと思っていたのだが、出てきたのはまったくの予想外……“裏方のスタッフたち”というもの。「支えてくれた人たちには、とてつもない人たちが多い。この人たちに、どれだけ助けられたか」という回答は、とてもいい締めくくりだったと思う。

 余談だが、放送の翌日、ラグビーW杯日本代表の活躍を描いたNHKスペシャル『死闘の果てに  日本vs.スコットランド』でも、この「裏方賛美」ともいうべき発言が出てきて驚かされた。その発言とは、スクラムハーフの流大(ながれ・ゆたか) が語った日本躍進の秘訣……「目に見えないところで、目立たないところで働いている選手がいるから、日本のラグビーが成り立っている」というもの。

 2020年。オリンピック・パラリンピックで世界のトップ選手たちに光が当たる年。だからこそ、その背後で支えているであろう“無名の人々”や“陰の主役”にも注目していきたい、と思わせてくれた良質の番組たちだった。

オグマナオト(おぐま・なおと)

オグマナオト(おぐま・なおと)

フリーライター、文化系スポーツライター、構成作家。著書に『福島のおきて』『甲子園スーパースター列伝』『爆笑!感動! スポーツ伝説超百科』など。

サイト:記事一覧

Twitter:@oguman1977

最終更新:2020/01/09 20:00
12

落合博満のレジェンドは長嶋茂雄じゃなかった!? 五輪イヤーに注目したい“陰の主役”たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(3)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 世界中にネ...
写真