日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 紅白・内村&綾瀬は司会を更迭か

あの人はイライラ!? 紅白が史上ワースト視聴率で、内村光良&綾瀬はるかは司会を更迭か

文=日刊サイゾー

綾瀬はるか

 本音では合格点は上げられなかったのでは?

 1月9日、NHKの上田良一会長が同局で定例会見を行い、昨年大みそかの『第70回 NHK紅白歌合戦』について言及。総合司会の内村光良、紅組司会の綾瀬はるか、白組司会の櫻井翔の司会陣について「3人の息が合った、テンポのよい進行は華やかなステージを盛り上げてくれた」と評価した。

「NHKサイドは昨年の紅白が始まる前から、内村に4年連続となる2020年の司会をオファーしていた。しかし、19年の紅白は平均視聴率が、37.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となり、紅白史上ワーストを記録したことで一転、白紙になった模様です。来年は嵐のラストとなるので、嵐だけで押したほうがいいとの声も出始めています」(テレビ関係者)

 そんな内村以上に、紅白からの“リストラ”が確実と言われているのが綾瀬だという。コントにも参加するなど頑張っていたようにも思えるが、業界関係者がこっそり耳打ちする。

「彼女は天然キャラとあって、なかなか思うように進行できなかった。紅白は膨大な量の台本を秒刻みで回さなくてはいけないため、櫻井はイライラしっぱなし。カメラが回っていないところで、綾瀬に対し一生懸命やるようにうながしていたといいます。櫻井もKingGnuのことをKing & Gnuと紹介するポカをやらかしているんですけどね。ともあれ、ジャニーズタレントが司会を務めているうちは、もう綾瀬に司会の声はかからないのでは」

 司会者のやらかしハプニングがあったほうが、視聴者をハラハラさせられて、視聴率アップにつながる気もするのだが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/14 09:32

あの人はイライラ!? 紅白が史上ワースト視聴率で、内村光良&綾瀬はるかは司会を更迭かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真