日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 国を挙げてのゴーン追い落とし
週刊誌スクープ大賞

国を挙げてのゴーン追い落とし!? 日産幹部、官邸や官僚、検察はこの落とし前をどうつけるのか

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

週刊文春(文藝春秋)2020年1月16日号より

今週の注目記事・第1位「風と共に『ゴーン』10の謎」(『週刊新潮』1/16号)「ゴーン逃亡全真相」(『週刊文春』1/16号)「『ゴーンのフリーダム作戦』を完遂させた民間警備会社の正体」(『フライデー』1/24号)「ゴーン爆弾炸裂 日本政府が赤っ恥」(『週刊朝日』1/24号)

同・第2位「『カジノ疑惑』特捜部の『本丸』と『隠し玉』」(『週刊新潮』1/16号)

同・第3位「安倍『もう疲れた』9・7退陣表明」(『週刊文春』1/16号)

同・第4位「2月解散総選挙全予測」(『サンデー毎日』1/26号)

同・第5位「イラン司令官殺害 米国民が支持する理由」(『サンデー毎日』1/26号)

同・第6位「1年半ぶり発見撮 小室圭さん潜伏母“金満”支える『恋人の存在』」(『女性自身』1/28号)

同・第7位「護衛艦『たかなみ』乗組員『家族に遺書を書きました』」(『FLASH』1/28号)

同・第8位「分かっていながら宮内庁『二重権威』のジレンマ」(『週刊新潮』1/16号)

同・第9位「『偽善の正義』沢尻エリカを擁護するavex松浦の“偏愛”と“錯乱”」(『週刊文春』1/16号)

同・第10位「清水章吾『私は週刊新潮の嘘で自殺を図った』」(『FLASH』1/28号)

 今週は現代とポストがともに合併号でお休み。

 他の週刊誌も、正月ボケか、精彩を欠いている。その理由の一つは、年末年始と、ゴーンの逃亡劇、トランプのイラン空爆など、世界中を驚かせた重大事件が続いて起きたことにもあるのだろう。

 世の中の先取りをしなければいけない週刊誌が、時代の後追いをやらされているのだから、やはり、本領は発揮できないのだろう。

 ともあれ、まずはFLASHからいこう。私は清水章吾(76)というタレント・俳優はよく知らない。

 何でもチワワと出演した「アイフル」のCMでブレイクしたらしいが、それぐらいしかないということだろう。

 それでも一時は、年収が3,000万円もあったと、本人がいっているのだから、この世界はちょっと売れれば、カネが入って来るようだ。

この男が最近注目されているのは、40年も結婚していたドイツ人を父に持つ画家である妻・ハルマン(69)と、その連れ子である絹子(45)が、清水から激しいDVを受けていたと、新潮に告発したことであった。

 そのDVが事実なら、この清水という男、最低の人間だ。だが、清水は、妻たちのいうことは真っ赤な嘘で、それを掲載した新潮と妻娘に対しての怒りと悲しみで、ハルシオンを40錠飲んで自殺を計ったと、入院中の病院で、FLASHに語ったというのである。

 DVなどしていないし、もう20年ほど家庭内別居だから、まともな会話をしていないと話している。

 逆に妻のハルマンは「鬼嫁」だという。清水は63歳の時に脳梗塞を患ったので、「仕事ができない」とぼやくと、妻は、「できないんじゃなくて、やんなさいよ」と怒鳴るという。

 仕事のギャラも、妻の会社に振り込まれ、いくら稼いでいたかも知らないし、仕事がある日には1万円しか与えられなかったから、仕事仲間と飲みに行くこともできなかったと話す。

 家も家族も仕事も失った老人の悲しみは、私にもよくわかるが、こういうたぐいの話は、両者のいい分が真っ向から違うので、どちらを信用していいのか分からないのが難点だ。

 まあ、先が長くないんだから、長い物には巻かれろ、妻には目をつぶって従うのが、男の道だと諦めたほうがいいと思うのだが。

 お次は文春から、沢尻エリカと事務所社長との「偏愛」騒動。

 沢尻は、evexという事務所に所属している。ここは、以前の事務所をクスリをやっていたことが発覚して、クビになってから面倒を見てもらっている。

 会長は松浦勝人(55)という業界では有名人である。モデルの妻との離婚が発覚したのは、今年の1月2日であった。

 麻薬取締法違反で逮捕され、NHKの大河ドラマを始め、CMなどへの慰謝料が10億ともいわれる沢尻を、「更生させるために支援する」と表明し、懐が深いと感心された。

 だが、クスリ漬けと分かっていた沢尻から、クスリを取り上げることもせず、放置してきた責任はどうなるのかと、周囲の目は冷たいようだ。

 また、松浦会長自身のクスリ疑惑も囁かれているようで、この2人、まだまだ何か起こりそうな予感がする。

12345

国を挙げてのゴーン追い落とし!? 日産幹部、官邸や官僚、検察はこの落とし前をどうつけるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真