日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > 元日に死んだ赤ちゃんとこの社会
エッジ・オブ・小市民【7】

2020年1月1日に死んだ小さな赤ちゃんと、この社会

文=堀田功(ほった・こう)

社会の“空気”に抗うために

 “シングルマザーの貧困”なんて、自分には関係ない。そういう人も多いだろう。しかし、これは自分がどういう社会に住みたいのか、そしてどういう人間でありたいのか。そういうレベルの問題だ。自宅の浴室でたったひとりで赤ちゃんを出産した女性が、生活のために翌日から働きに出て、産んだばかりの赤ちゃんが死に、逮捕されるような社会を是とするのか? 

 制度やシステム、教育はそう簡単に変わらないだろう。女性を妊娠させて逃げる男にも絶滅してもらいたいが、きっとこれからもそういう男は絶えることなく存在し続ける。しかし、少なくても自分自身の意識と態度は変えられる。社会、あるいは世間の道徳的な判断は、実は自分の周りの“空気”に依存しているところが非常に大きいという。つまり、自分の意識と態度を変えることは、そんな空気を変える第一歩になりうる。だから、どうか冷笑的にならないでほしい。苦しい境遇にいる人や不幸な事件に接したときに感じた胸の痛みを大切にして、「どうしてこんなことが起きてしまうのか」と考え、思いを馳せてほしい。そして、もし隣人が困窮していることがわかったら、声をかけてみよう。

 2020年の1月1日に小さな赤ちゃんが死んだ。それはもうすでに過ぎ去った事件のひとつで、やがて忘れられるだろう。しかし、逮捕された足立区の母親と同じようなギリギリの薄氷の上を歩いている人は、今も数多くいるはずだ。彼女たちの存在は誰にも見えないまま、いつしか氷は割れる。その割れた穴は数多の人々を飲み込むほど、大きく広がっていく。それが私たちの生きている社会だ。

堀田功(ほった・こう)

いくつかのペンネームでウェブ・雑誌記事を書いている雑文業。得意分野は特になく、「広く浅く」がモットー。

最終更新:2020/01/15 12:45
123

2020年1月1日に死んだ小さな赤ちゃんと、この社会のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

Kダブが語るトランプと共和党論

 トランプ支持を表明するケーダブシャインは、バイデンをどう評価しているのか。また...
写真