日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 弱虫ペダル、実写化に批判殺到

『弱虫ペダル』キンプリ永瀬&橋本環奈での実写映画化に原作ファンが一斉ブーイング

文=日刊サイゾー

ディスカバリー・ネクスト公式サイトより

 渡辺航の人気漫画『弱虫ペダル』が、King & Prince・永瀬廉主演で実写映画化されることとなった。また、“ライバル”役の今泉俊輔役に伊藤健太郎、自転車競技部のマネージャー・寒咲幹役に橋本環奈が名を連ねる。しかし、原作ファンからはブーイングの嵐となっているという。

 サブカル誌ライターが憤慨する。

「まず、主人公の小野田坂道がミスキャストすぎる。彼は小柄メガネでアキバが大好きな冴えないオタク。イケメンアイドルの永瀬とはむしろ真逆な非モテ系です。そのため、ネット上では『坂道イケメンすぎやろ』『小野田が金髪って笑』『坂道がジャニとかアホか!』鈴木福で良かっただろ』とダメ出しの嵐となっています。今泉も原作はライバルというより頼もしいチームメイトですから、関係性が変えられているようです」

 また、ヒロインとして起用されている橋本にも首をかしげるファンが多い。

「低予算の邦画では、大きな儲けは出なくても赤字を避けるため、人気キャストさえ揃えておけばよいという風潮になっている。今作も、とりあえずジャニーズタレントと集客力のある橋本を使って元だけは回収しようという魂胆が透けて見えますね。橋本が演じるマネージャーは本筋ではほとんど登場しない脇役です。そこにわざわざ彼女を入れ込んだということは、原作をかなり改変してきそう。もしかすると、スポーツものから恋愛ものになっているくらい世界観が違うかもしれませんね」(前出・サブカル誌ライター)

 かつて『ドラゴンボール』のハリウッド版が2009年に公開された際に、原作者の鳥山明氏は、〈「え?」って感じはありますが、監督さんや俳優の皆さん、スタッフなど、現場は超優秀な人達ばかりです。ボクやファンの皆さんは別次元の『新ドラゴンボール』として鑑賞するのが正解かもしれません〉とコメントしていたが、渡辺氏も同じ気持ちかもしれない。

 公開は8月14日予定とのこと。原作ファンは違う意味でドキドキさせられそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/20 06:00

『弱虫ペダル』キンプリ永瀬&橋本環奈での実写映画化に原作ファンが一斉ブーイングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

松田聖子、3度目の離婚も?

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染拡大に...…
写真
インタビュー

離婚のうしろめたさとその解放

 離婚経験を持つ13人の男性に、その経緯や顛末を聞いたルポルタージュ「ぼくたちの離婚...
写真