日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 伝説のμ'sが復活もあの疑惑は!?

伝説のアイドルグループμ’sが4年ぶりに復活も…“あの疑惑”はうやむやなままだった!?

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:josemanuelerre

 スクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」シリーズが18日と19日の両日、さいたまスーパーアリーナでライブイベント『ラブライブ!フェス』を開催。2015年のNHK紅白歌合戦にも出場した伝説のアイドルグループ「μ’s(ミューズ)」が4年ぶりにステージに立った。

 μ’sは、アニメのみならず、楽曲を使用したアプリゲームの人気も加わって大ブレーク。15年に劇場版『ラブライブ! The School Idol Movie』が興行収入28.6億円のヒットを記録していた。μ’sはリアルの声優アイドルとして同年の紅白に出場していたが、人気絶頂だった16年4月、東京ドームでのライブをもってグループとしての活動を終了していた。

 ライブの模様を紹介したスポーツ紙の記事によると、μ’sがファーストシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」とともに登場すると、感激で泣き崩れるラブライバーが続出。高坂穂乃果役の新田恵海が、「皆さん、お久しぶりです!μ’sです!」と呼びかけると、場内のボルテージは最高潮に達したというのだ。

「活動終了とほぼ同時期、一部週刊誌で新田が素人時代にAVに出演していた疑惑が報じられ、ネット上では本人かどうか検証されるなど大騒ぎになった。その際、所属事務所は『新田恵海本人に確認したところ、当該の記事とみなされている人物は、本人ではないとの話でございました』と説明。報じた媒体に法的措置をとるわけでもなく、疑惑は消化不良に終わってます」(芸能記者)

 騒動が原因かどうかは謎だが、新田は17年8月末で所属事務所を移籍。μ’sのメンバーとしてステージに帰ってきたが、結局、疑惑はうやむやなままで終わってしまった。ファンの複雑な思いが晴れる日は来るのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/21 13:41

伝説のアイドルグループμ’sが4年ぶりに復活も…“あの疑惑”はうやむやなままだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真