日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 従業員に屈辱ダンスを強要

パワハラの極み!? 男性社員に“黒ストッキングダンス”を強要→拒否したらクビ!

文=佐久間賢三(さくま・けんぞう)

映像に映し出されていた、黒ストッキング姿で踊る2人の男性社員

 かつてブラック企業の代名詞ともいわれた飲食チェーンなどを展開する「ワタミグループ」の居酒屋が第6回ホワイト企業大賞で特別賞を受賞し、物議を醸しているが、中国ではブラック企業の従業員に対するパワハラが話題となっている。

 現地の複数メディアの報道によると、浙江省紹興市で警備会社に勤務していた男性が、会社からひどい仕打ちを受けたと訴えているという。

 男性が勤めていた会社では先日、賞罰規定が新たに制定されたのだが、その規定というのが、”業績が会社の要求するレベルに達していない社員は、相応の罰を受けなければならない”というものだった。

 その規定により、男性は業績未達成とされ、上司から「ズボンを脱いで女性用の黒ストッキングをはき、ダンスしているところをビデオに撮れ」と要求されたが、それを拒否すると、すぐさまクビを宣告されたという。

 男性がマスコミに提供した映像には、2人の男性社員が黒ストッキング姿になり、カメラの前で奇妙な振りで体を動かしているところが映し出されており、撮影者が彼らに対してあれこれと動きの指示を出している声や、その現場にいた女性社員たちの笑い声も録音されていた。

 一方、同社の広報担当者は「男性が言う“ダンスの罰”については何も知らないとし、男性がこの仕事に適していなかったから解雇しただけだ」と反論。また、「解雇後、男性は家族を引き連れて会社に抗議に来たが、これによってほかの社員たちの業務に支障が出た」と不満をあらわにしている。

 現在、お互いに弁護士を立てて話し合いが進められているというが、いずれにしても、こんな会社はとっとと辞めたほうが正解といえるだろう。

佐久間賢三(さくま・けんぞう)

佐久間賢三(さくま・けんぞう)

前職の関係で10年近く中国で生活し、その後フリーライターに。得意分野は中国のおバカネタ、エロネタ。

最終更新:2020/01/26 14:00

パワハラの極み!? 男性社員に“黒ストッキングダンス”を強要→拒否したらクビ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

川口春奈抜擢は不幸中の幸い?

  新型コロナウイルスの影響でNHK大河ドラ...…
写真
インタビュー

五輪延期でボランティア問題再燃?

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、国際オリンピック委員会(IOC)は東...
写真