日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 安倍首相がレームダック化で禅譲

安倍首相、側近の不祥事が相次ぎレームダック化…岸田氏への禅譲で“キングメーカー狙い”

文=日刊サイゾー

安倍晋三首相

 昨年夏の参院選の公職選挙法違反をめぐり、広島地検から取り調べを受けている河井案里陣営に、1億5,000万円ものカネが自民党本部から振り込まれていたことが1月22日、「週刊文春」(文藝春秋)などの報道で発覚した。

「案里氏と、夫で衆院議員の河井克行・前法相の両選挙区支部に、それぞれ7,500万円ずつ渡っていたことが内部資料でわかったのです。違法ではありませんが、同じく自民党候補として競った溝手顕正・元参院議員会長は1,500万円で、その10倍にあたる。溝手氏が第一次安倍政権の時に安倍氏を痛烈に批判したことによる意趣返しにせよ、その異常な額は、公選法違反の”原資”と指摘されても仕方がない」(自民党関係者)

 時を同じくして衆院本会議で、選択的夫婦別姓を認めるべきだとの代表質問が行われた際、自民党の杉田水脈衆院議員が「だったら結婚しなくていい!」とヤジが飛ばし、問題視された。杉田氏は、落選中のところを安倍氏に拾われて自民党で出馬した経緯があり、安倍氏の側近を自任する御仁だ。

 桜を見る会、IR疑獄に加え、泣きっ面にハチの安倍首相だが、側近たちは現金にも、「禅譲」に向けたシナリオを描き始めている。

12

安倍首相、側近の不祥事が相次ぎレームダック化…岸田氏への禅譲で“キングメーカー狙い”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

松田聖子、3度目の離婚も?

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染拡大に...…
写真
インタビュー

五輪延期でボランティア問題再燃?

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、国際オリンピック委員会(IOC)は東...
写真