日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 川口春奈、独自のあいさつ封印で奏功か

川口春奈、大河『麒麟がくる』の撮影現場で独自の“お触りあいさつ”封印して奏功か

文=日刊サイゾー

川口春奈がイケメン俳優の股間をタッチ…玉木宏がテレビで暴露

「川口は以前、よく現場で一緒になったイケメン俳優の股間を、あいさつ代わりにタッチすることで知られていました。2014年に映画『幕末高校生』で川口と共演した玉木宏と千葉雄大が、同作PRのため『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した際、玉木が『某女優に千葉君が局部を触られているのを目撃した』と暴露。千葉も女優名こそ明かさなかったが、『久しぶり! チーン、みたいな感じで触ってくる』と、その目撃談を笑いながら認めた。千葉の表情からすると、嫌がっている感じはなかったが、どうやらマネジャーが再三注意してやめさせたようだ。大河の現場でやっていたら大ひんしゅくを買っていたはずで、その判断は正しかったといえるでしょう」(スポーツ紙記者)

 沢尻の代役として一気に知名度を上げた川口。女優としての演技も、人間的な中身も着実に成長しているようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/02 21:35
12

川口春奈、大河『麒麟がくる』の撮影現場で独自の“お触りあいさつ”封印して奏功かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Aマッソ加納「新しいお笑いをやりたくてこの番組やってんのよ」…裏切りのオチ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

原田龍二が瓜田純士にラブコール!

はみだし者、という意味を持つ“アウトロー”。道なき道を行く彼らは、いつも孤独とともにあ...
写真