日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 宮迫博之、一斉糾弾されるワケ

テレビ関係者から大ひんしゅく!? 宮迫博之、YouTube開始で“業界から”一斉糾弾されるワケ

文=日刊サイゾー

宮迫博之オフィシャルブログより

 闇営業問題で謹慎を続けているお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が29日、YouTubeで個人チャンネル「宮迫ですッ!」を開設。相方の蛍原徹の「横に戻りたい」などと本心を語った。

 昨年秋にもチャンネル立ち上げの準備をしていた宮迫。直後には現在も自身の所属を預かってもらっている明石家さんま主催の「励ます会」が開かれたが、多方面への影響を考慮しいまだ復帰のメドはたっていない。

 世間の反応が影響しているのか、YouTube独自機能の1つともいえる、高評価、低評価がダブルスコア以上の差で低評価が多いのが現状だが、お笑い関係者は「昨夏の事件以来、すでに半年が経過した。タレントにとって最も恐れるのは、自分の存在が忘れ去られること。すでに、宮迫がレギュラー出演していた番組にはそれぞれ代役が立てられ、どの番組もそれなりに馴染んでいる。芸人としての危機感もあったのでは」とみている。

 だが、今回のYouTube開始を「正直、宮迫さんはあざといと思いますね」と苦々しく語るテレビ関係者もいる。

12

テレビ関係者から大ひんしゅく!? 宮迫博之、YouTube開始で“業界から”一斉糾弾されるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

日本社会を縛る“世間様”の圧力

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかね...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真