日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレ東、誤爆LINEの番宣で大混乱

ロケ番組にヤジ馬を集めるため!? テレビ東京、“誤爆LINE”での番組PRに視聴者が大混乱

文=日刊サイゾー

テレビ東京

 テレビ東京が1月23日、ロケ番組のスケジュールを同局の公式LINEに流して告知したが、受け取った視聴者が混乱するすなど騒動になっている。

 同局では、お笑いタレント、アンタッチャブルの山崎弘也らが出演する旅ロケ番組について、「みなさんお疲れ様です!1月24日(金)と25日(土)のロケスケジュールになります。詳細のちほどお送りします。よろしくお願いします!制作 小野」とした文面をLINEフォロワーに一斉送信。寺脇康文、土屋アンナ、陣内孝則が参加すると書かれており、野岩鉄道の会津鬼怒川線を乗車、途中駅で降りる内容も記されていた。

 これを受け取った視聴者からはネット上に「送る相手間違えてない?」「あえての誤爆などのか番宣なのか…」「スケジュール流してるけど大丈夫かな?」「番組ロケのタイテ一覧きたんだが…これ見ちゃっていいやつなんですか!?」など困惑の声が相次いだ。

 その後、このLINEがわざと流出させた“PR目的”であったと判明したのだが、「一時は制作スタッフの誤爆疑惑なども浮上するなど、正確な情報が入るまで事態がなかなか読めなかった」(スポーツ紙芸能デスク)とメディアも大混乱した。

 何ともお騒がせなテレ東のPRだったが、このやり方が「話題にはなるけど、やるべきではなかった」と同局内からも厳しい声が上がっている。

「通常のロケ番組では大して話題にもならないし、今回の場合はロケ地が田舎だったため、地元民とのふれ合いの場面が撮影できない可能性もあった。言ってしまえば、ヤジ馬を集めるためのかなり荒っぽいPRだということ。以前は『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の企画で、深夜の遊園地『としまえん』に一般客が殺到。付近で迷惑行為もあり最終的に局側が謝罪する事態に発展した。SNSを活用したロケPRは有効ですが、まだ安全を担保にできていないだけに慎重にすべきでした」(テレビ東京関係者)

 今回は大きな試金石となったが、まだまだ課題は多いようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/05 12:00

ロケ番組にヤジ馬を集めるため!? テレビ東京、“誤爆LINE”での番組PRに視聴者が大混乱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真