日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 自民党が公明党批判?

自公連立にヒビ!? 自民党が公明党批判の過激新聞を全国の党支部で配布の謎

文=伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

「子どもの権利条例」にも警戒感をあらわに

 00年に川崎市で制定されたのを皮切りに全国に広がった「子どもの権利条例」についても警戒感をあらわにする。

 HP上で公開している08年2月発行の号外では、「(子供の)自己肯定感を高めることが単純に望ましいこととは言えません」とし、「権利意識とは自己の欲望が実現しようとする意欲でもあります」と断言。「子供は本能などの欲望のままに行動する」「子供たちは欲求不満になり、責任を親や他人のせいにして、反社会性が高まります」「自己の欲望を制御、調節できない人にとっては、かえって不幸の元になります」などとヒステリックなまでに条例がもたらす弊害について書き連ねている。

 その主張をひもとくと、「タカ派」の色合いが濃い安倍政権と親和性が高いのは自明だが、興味深いのは、この新聞社と、自民党と連立を組む公明党との関係だ。

「公明党の支持母体である創価学会と、新聞社の関連団体とされる新生佛教教団との関係が微妙なのです。01年には公明党幹部に批判的な記事を掲載し、訴訟沙汰に発展したりもしている。公明党にとってはやっかいな存在のはずで、そんないわくつきの新聞を『教材』よろしく地方支部に配布する安倍政権の姿勢を快く思うはずはありません」(前出の自民党関係者)

 ネット右翼も真っ青の過激な主張をがなり立てる「新聞」が、自公連立政権の火種になるような展開はあるのか。

●日本時事評論ウェブサイト
http://nipponjijihyoron.co.jp/

伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

1980年生まれ。在京新聞社や週刊誌を十数年渡り歩き、フリーのルポライターとして活動。犯罪や貧困問題などを精力的に取材している。

最終更新:2020/02/05 18:00
12

自公連立にヒビ!? 自民党が公明党批判の過激新聞を全国の党支部で配布の謎のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

有村架純と森田剛が共演『前科者』レビュー

 寄り添うという言葉は、柔らかいイメージがあ...…
写真
インタビュー

小澤雄太が三谷幸喜からもらった金言

 昨年7月、コロナ禍のPARCO劇場再開第1弾作品として上映されたのが三谷幸喜作・演...
写真