日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 野村克也さんが残した“意外な功績”

女子アナブームも!? 野村克也さんがプロ野球界に残した“意外すぎる功績”とは?

文=日刊サイゾー

野村沙知代、野村克也

 プロ野球チームのヤクルト、阪神、楽天で監督を歴任した野村克也さんが虚血性心不全のため11日午前3時半、84歳でこの世を去った。

 選手として南海ホークス時代に3冠王(打率、本塁打、打点)に輝き、選手兼任監督を務めたことも。私生活では“サッチー”で知られる故・野村沙知代さんとW不倫の末に再婚。グラウンドでは名将も、プライベートではサッチーの「かかあ天下」のもとで過ごし、夫婦そろってたびたび、ワイドショーのネタになったこともあった。

 テレビでは生前それらを振り返るVTRが数多く放映されているが、球界関係者は「まだ触れていないジャンルがある」という。いわゆる「女子アナブーム」の後押しだ。

古田敦也、石井一久ら若手を育ててリーグ優勝、日本一に何度もなったヤクルト監督時代、野村さんのそばには常に時代をときめく「女子アナ」が陣取った。

「最もお気に入りだったのは当時、フジテレビの女子アナでスポーツ担当だった木佐彩子アナ。とにかく、ノムさんは女子アナが隣にいると超ご機嫌で、あれやこれやと何でも話してくれた。木佐アナはその後、石井と結婚までいきましたからね」

 当時、女子アナはアイドルのように扱われていたが「そのジャンルがスポーツにも広がったのは、間違いなくノムさんの功績が大きい」(前出・関係者)

 それ以降、球界で野球選手と女子アナが次々と結ばれたのは有名な話だ。

12

女子アナブームも!? 野村克也さんがプロ野球界に残した“意外すぎる功績”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

『富豪刑事』タッキーとの舞台裏…伊藤監督語る

『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『富豪刑事 Balanc...
写真