日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 野村克也さんが残した“意外な功績”

女子アナブームも!? 野村克也さんがプロ野球界に残した“意外すぎる功績”とは?

文=日刊サイゾー

野村沙知代、野村克也

 プロ野球チームのヤクルト、阪神、楽天で監督を歴任した野村克也さんが虚血性心不全のため11日午前3時半、84歳でこの世を去った。

 選手として南海ホークス時代に3冠王(打率、本塁打、打点)に輝き、選手兼任監督を務めたことも。私生活では“サッチー”で知られる故・野村沙知代さんとW不倫の末に再婚。グラウンドでは名将も、プライベートではサッチーの「かかあ天下」のもとで過ごし、夫婦そろってたびたび、ワイドショーのネタになったこともあった。

 テレビでは生前それらを振り返るVTRが数多く放映されているが、球界関係者は「まだ触れていないジャンルがある」という。いわゆる「女子アナブーム」の後押しだ。

古田敦也、石井一久ら若手を育ててリーグ優勝、日本一に何度もなったヤクルト監督時代、野村さんのそばには常に時代をときめく「女子アナ」が陣取った。

「最もお気に入りだったのは当時、フジテレビの女子アナでスポーツ担当だった木佐彩子アナ。とにかく、ノムさんは女子アナが隣にいると超ご機嫌で、あれやこれやと何でも話してくれた。木佐アナはその後、石井と結婚までいきましたからね」

 当時、女子アナはアイドルのように扱われていたが「そのジャンルがスポーツにも広がったのは、間違いなくノムさんの功績が大きい」(前出・関係者)

 それ以降、球界で野球選手と女子アナが次々と結ばれたのは有名な話だ。

12

女子アナブームも!? 野村克也さんがプロ野球界に残した“意外すぎる功績”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真