日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 安倍政権の“国際的時代遅れ”

大企業からの内通者に対する報復を容認!? 安倍政権の“国際的時代遅れ”がまたまた露呈

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

イメージ画像

 自民党が公益通報者保護法の改正にあたって、企業側の罰則規定を設けない方針で検討を進めていることが明らかになった。内閣府消費者委員会の専門調査会がまとめた改正に向けての報告書から大幅に後退したもので、専門家の間では、「自民党の企業優遇体質が如実に現れている」と批判を呼んでいる。

 公益通報者保護法は2006年4月に施行された。

 組織内の犯罪など不正を勤務先に内部通報したり、行政機関や報道機関などに内部告発したりしたことを理由に、解雇や降格、減給などの不利益な扱いをすることを禁じた法律で、今回が初めての本格的な改正となる。

 法施行当時から、同法の実効性には疑問を呈する声が多かった。それは、通報者に対する不利益取扱いを行った者への行政罰や刑事罰の規定がないためで、「通報者が不利益取扱いを受けた時には、自らが裁判で戦わなければならない」ため、公益通報者の保護不十分だと見られていたためだ。

 18年12月に公表された内閣府消費者委員会の専門調査会報告書では、公益通報者保護のため、「通報者に不利益な取り扱いをした企業の対する行政措置や企業名の公表」を求めている。

 2月3日に自民党の消費者問題調査会のプロジェクトチームがまとめた提言では、「通報者に不利益な取り扱いをした企業に対する罰則」については盛り込まれず、「通報者の負担軽減や不利益取り扱いの是正に向けた取り組みを進める」との表現にとどめ、具体的な企業の罰則規定には言及しなかった。

 一方では、通報者に関する情報漏れ防止の観点から、「事業者に守秘義務を設け、さらに、内部通報の担当者などには罰則付きの守秘義務を課すべき」とし、また、現在の法律では会社を退職した人が通報をしても保護の対象とならないが、「退職後1年以内の通報については保護の対象とすべき」との提言を盛り込んでいる。

 プロジェクトチームの宮腰光寛座長は「今回まとめた提言を踏まえて政府が法律の改正案を取りまとめ、公益通報者保護制度の実効性が向上することを期待している」と述べている。

12
関連キーワード

大企業からの内通者に対する報復を容認!? 安倍政権の“国際的時代遅れ”がまたまた露呈のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

今日はお笑いの日!

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真