日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 喜多村緑郎の“生謝罪”に違和感

顔を売るチャンス到来!? 鈴木杏樹の不倫相手・喜多村緑郎の“生謝罪”に違和感

文=日刊サイゾー

喜多村緑郎

 女優・鈴木杏樹との不倫が報じられた新派俳優・喜多村緑郎が18日、東京・歌舞伎座ギャラリーでトークショーを行い、騒動を生謝罪した。

 黒いスーツにグレーのネクタイ姿の喜多村は冒頭「これからは自分の人生、役者としての人生をもう一度深く見つめ直して生きていきたいと思います。こんな喜多村緑郎ですが、今後ともよろしくお願いします。このたびは大変申し訳ありませんでした」とペコリ。

 現在、新橋演舞場で上演中の舞台「八つ墓村」では名探偵・金田一耕助を演じているが、「金田一っていうのは、人の欲望ってものを一番分かっているんですよね。って、こういう人間がこんなことしてすいません」と不倫をネタにする場面もあった。

 イベント終了後、喜多村はタクシーに乗り込み会場をあとに。報道陣の呼びかけには応じなかったが、後部座席の窓は半開し、顔を隠す素振りはなかった。16日に同演舞場にタクシーで会場入りした際も窓は半開。その理由について関係者は「報道陣に気を遣い、せめて顔見せだけでも……」と、誠意であることを強調していたが、喜多村を古くから知る舞台関係者の見解は違う。

「喜多村はナルシスト。今回の騒動で知名度は劇的に上がり、自分でも『チャンスだ』と考えているのでは。普通の人ならそうはならないが、喜多村はエキセントリックで有名。おまけに野心家。反省なんてしているわけがない」

12

顔を売るチャンス到来!? 鈴木杏樹の不倫相手・喜多村緑郎の“生謝罪”に違和感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

“箱の中身”が組み直すいくつかの関係

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真