日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズ会見をプレイバック

またも中居劇場が炸裂!? 思い出される森脱退会見の名仕切り…ジャニーズ会見の歴史をプレイバック

文=日刊サイゾー

中居正広

 またも名会見……「中居劇場」と報じられるほどの名会見となった。

 中居正広が21日、所属するジャニーズ事務所からの退所と個人会社「のんびりな会」の設立を発表した。

 元SMAPのメンバーたちへの報告や事務所との今後の関係、ジャニーさんへの思いや先輩・東山紀之や今や副社長となった滝沢秀明らへの配慮など、迫りくる質問をうまく回避したり記者をいじったりしながら、中居らしいコメントで仕切り倒した。

 長らくSMAPのリーダーとして、個性強めなメンバーをまとめてきた中居。芸能界でも司会者として不動の地位を確立してきた。そんな“中居劇場”として思い出されるのは、元メンバーでオートレーサーに転身するためSMAP脱退を決めた森且行の会見(1996年)に駆けつけた中居正広の姿は今でも語り草になっている。

「のちに他のメンバーは出演を止められていたという噂もたった中で、中居さんは読売ジャイアンツのユニフォームを着て登場。ど頭から『あいにくスケジュールの都合で森くんはこれない』と冗談をいい、記者の笑いを誘っていました。その後も、『木村くんの1億円の家に関してはノーコメントで!』など冗談を連発。当時、人気絶頂のSMAPからの脱退会見ということで、ものものしかった現場の雰囲気を上手に和ませていました。『ジャイアンツのユニフォームを着て行ったのは野球選手になる夢を叶えられなかった中居くんなりの森くんへのエールだった』などという伝説も語り継がれています」(芸能リポーター)
 
 これまで、所属タレントの圧倒的な人気を盾に、マスコミへのメディア統制を敷いてきたジャニーズ。スキャンダルやグループの解散、脱退があっても必ずしも会見を開くわけではない。例えば・関ジャニ∞、渋谷すばる脱退記者会見(18年)は、メンバーそれぞれが渋谷すばる脱退への率直な思いを語り、また関ジャニらしく途中に笑いも挟むなど、ネガティブな印象を与えない会見となり、この脱退は「円満退社」として捉えられたが、翌19年錦戸亮脱退の際は会見は開かれず、この差を疑問視する声もある。

 ジャニーズが開いてきた会見の歴史をピックアップして紐解くと、各タレントのポテンシャルが浮き彫りになってくるわけだ。

123

またも中居劇場が炸裂!? 思い出される森脱退会見の名仕切り…ジャニーズ会見の歴史をプレイバックのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真