日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 芸能人に新型コロナ感染の危機が

芸能人に迫る新型コロナウィルス、テレビ業界に“感染拡大”の可能性

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 日々、報道番組やワイドショーで多くの時間を費やして報じられている新型コロナウイルス騒動。感染拡大がおさまる目処がいまだに見えない中、テレビ業界、芸能界にもその恐怖が近づいている。

 ある芸能プロ関係者は「これから春の特番の収録もあり、長時間にわたり密閉空間であるスタジオで滞在することも増える。その中でスタッフはもちろん、一番最悪なのはタレント同士で感染させてしまうこと。補償問題にも発展しかねない」と困惑している。

 特にバラエティー番組においては「ひな壇芸人など、多数のタレントが密接に集まって収録する番組が大多数になったから。コロナウイルスの件で隣同士の幅を広げたらそれこそ演出的にもまとまりがなくなり本末転倒になってしまう」からだという。

 そもそも、収録するテレビ局やスタジオは「セキュリティー強化のため、以前ほど誰でも入れる場所ではなくなった」(テレビ局関係者)というが、それでもタレントから事務所関係者、制作スタッフをはじめ「キャスティング会社、メイク、衣装、構成作家など幅広い職種の人間が出入りしており、仮にも感染が判明した場合、誰が濃厚接触者なのか、あるいはこれまでの行動経緯が分析できない可能性が極めて高い」という。

12

芸能人に迫る新型コロナウィルス、テレビ業界に“感染拡大”の可能性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

ジャニタレ春ドラマ、主演、準主演で20本以上!

 各局、豪華キャストを揃えたものの、苦戦が報...…
写真
インタビュー

井筒和幸×松本利夫(EXILE)『無頼』対談

閉塞的な社会にパッチギ(頭突き)をかまそうとする若者たちを主人公にした『パッチギ!』...
写真