日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 芸能人に新型コロナ感染の危機が

芸能人に迫る新型コロナウィルス、テレビ業界に“感染拡大”の可能性

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 日々、報道番組やワイドショーで多くの時間を費やして報じられている新型コロナウイルス騒動。感染拡大がおさまる目処がいまだに見えない中、テレビ業界、芸能界にもその恐怖が近づいている。

 ある芸能プロ関係者は「これから春の特番の収録もあり、長時間にわたり密閉空間であるスタジオで滞在することも増える。その中でスタッフはもちろん、一番最悪なのはタレント同士で感染させてしまうこと。補償問題にも発展しかねない」と困惑している。

 特にバラエティー番組においては「ひな壇芸人など、多数のタレントが密接に集まって収録する番組が大多数になったから。コロナウイルスの件で隣同士の幅を広げたらそれこそ演出的にもまとまりがなくなり本末転倒になってしまう」からだという。

 そもそも、収録するテレビ局やスタジオは「セキュリティー強化のため、以前ほど誰でも入れる場所ではなくなった」(テレビ局関係者)というが、それでもタレントから事務所関係者、制作スタッフをはじめ「キャスティング会社、メイク、衣装、構成作家など幅広い職種の人間が出入りしており、仮にも感染が判明した場合、誰が濃厚接触者なのか、あるいはこれまでの行動経緯が分析できない可能性が極めて高い」という。

12

芸能人に迫る新型コロナウィルス、テレビ業界に“感染拡大”の可能性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真