日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > YouTubeウォッチ!  > 東海オンエアとヒカキンの格の違い
YouTubeウォッチ!

東海オンエア「痴漢動画」で炎上、ヒカキン「トレペ買い占めデマ」に神対応……YouTuberの格の違いがあらわに

文=ニック

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集者が、ここ最近起こったYouTube関連の出来事について語るコーナーです。

東海オンエア「痴漢練習動画」で批判殺到

問題となった「痴漢練習動画」のキャプチャ(現在は削除)

YouTubeライター・KJ(以下、KJ) UUUMのクリエイターがまたやらかしたね。

新米編集者・トクちゃん(以下、トクちゃん) え、またはじめしゃちょーですか?

KJ いや、今度は東海オンエア。

トクちゃん あ~、東海オンエアなら僕でも知っていますよ。この間、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出てましたよね。

KJ そうそう。東海オンエアが『ダウンタウンDX』に出演したのが2月27日なんだけど、その2日前の25日にアップロードされた「痴漢の練習動画」が物議を醸したんだ。

トクちゃん 痴漢の練習動画……いかにもキケンなニオイがプンプンしますね。

KJ まぁ、企画内容自体は「グループイチ鈍感なメンバー・しばゆーに気づかれずにボディタッチを何回できるか?」っていう検証モノでなんの問題もなかったんだけど、「痴漢をバレないようにするために男で練習しよう」っていう趣旨がマズかったんだよね。

トクちゃん それは、アウトですね……

KJ もちろん、動画中では「絶対に痴漢はしちゃいけません」みたいなエクスキューズを何回も挟んでいたんだよ。これはジョークです、みたいな。でも、リーダーのてつやが「皆さん、痴漢をした場合にバレたくないじゃないですか?」「やったときにバレないようにしておく保険をかけておけば、やっちゃっても大丈夫じゃないですか?」って言って、それをほかのメンバーを面白がるっていう悪ノリがダメだったね。

トクちゃん 痴漢被害に遭ったことのある女性が見たら、嫌な気分になるでしょうね。

KJ そういうこと。動画自体は低評価も少なく、コメント欄もそこまで大荒れしなかったんだけど、Twitterでは批判殺到。で、『ダウンタウンDX』の放送日と同日に非公開にしたってわけ。

トクちゃん この件について、東海オンエアやUUUMから謝罪とかあったんですか?

KJ いや、なんもなし。ファンの間では「なんでこれが炎上するの?」って意見も多かったから、何もしなくていいと思ったんじゃない? でも、不快な思いをした人も少なからずいたわけで、一言あってもいいと思うんだけど……。東海オンエアといえばチャンネル登録者数約500万人で、社会的影響力もあるわけだしさ。

トクちゃん それにしてもUUUMって、本当に動画の検閲とかしてないんですね。事前にチェックすれば防げる話なのに……。YouTube界をけん引する上場企業なのに、これでいいんですかね!?

123

東海オンエア「痴漢動画」で炎上、ヒカキン「トレペ買い占めデマ」に神対応……YouTuberの格の違いがあらわにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真