日刊サイゾー トップ > 社会  > 新型コロナが新たなステージへ

一度陰性でもまた陽性反応が出るケースも…新型コロナウイルスが新たなステージへ

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

新型コロナは種類、治療法がより複雑化する可能性も?

 WHOも退院患者にウイルス検査で再び陽性反応が出ている点について、「再感染を確認したわけではない」として、再感染の有無を不明としている。

 日本でも、中国・武漢市からのツアー客を乗せたバスに乗務していた大阪府のツアーガイドの女性が、1月29日に新型コロナウイルスへの感染が判明して入院。2月1日に退院したもののその後体調が悪化し、2月6日にPCR検査を行ったが陰性だった。しかし、その後の体調不良で2月26日にPCR検査を再び行った結果、陽性反応が出ている。つまり、入院時と退院後の検査では陰性だったにもかかわらずその後、再び陽性反応を示したことになる。

 これらの情報からは、新型コロナウイルスが2種類あり、その検査・対処法・治療法がより複雑化する可能性がある。また、夏場に新型コロナウイルスが終息する可能性が低く、時間的な解決は“望み薄”であり、感染封じ込めを一層強化する必要ある。

 さらに一度陰性反応が出て回復し退院した患者が再び陽性となる可能性があり、追跡調査を行い、隔離措置を確実に行い、感染拡大を食い止めなければならないことなどが明らかになっている。

 新型コロナウイルスの感染はこれまでの対応策を覆す、新たなステージに進んだ可能性があり、早急に新たな対応策を実施する必要性に迫られている。

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2020/03/10 22:45
12

一度陰性でもまた陽性反応が出るケースも…新型コロナウイルスが新たなステージへのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法「当選権利は対象?」

 6月に施行され、東京オリンピックのチケットも関係する「チケット転売規制法」。弁護士...
写真