日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 新型コロナの経済予測

日本では最小でも12万人の死亡者!? 米シンクタンクが算出した新型コロナのトンデモ経済予測

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

イメージ画像/出典:happyjune

 新型コロナウイルスにより、「最悪の場合、全世界で6,835万人が死亡し、約954兆円のGDP(国内総生産)が失われる」という衝撃の報告書が、米国の著名なシンクタンク「ブルッキングス研究所」から3月3日に発表された。

 報告書は、「COVID-19が世界のマクロ経済へ与えるインパクト:7つのシナリオ」
https://www.brookings.edu/wp-content/uploads/2020/03/20200302_COVID19.pdf)と題された、オーストラリア国立大学のワーウィック・マッキビン教授とローシェン・フェルナンド博士によるものだ。

 まず、内容を取り上げる前に記しておかなければならないのは、マッキビン教授とフェルナンド博士は経済学が専門であり、この報告書が医学的な見地から検討され、書かれたものではないという点だ。

 両氏は中国の状況から仮定して、都市の人口や密度、国民一人当たりの医療費などにより病気や死亡のため各国で減少する労働者数などを計算。新型コロナがパンデミック(世界的大流行)した際に、適切な経済的判断が行われない場合に起こりうる7つのシナリオを推測している。

 それによると、世界のGDPは最悪のシナリオ場合には約954兆円、最善のシナリオでも約254兆円が失われるとしている。新型コロナによる死亡者数は、全世界で最大6,835万人、最小1,519万人と予測しており、国別の予測では、日本は最大で57万人、最小で12万7,000人、致死率では最大で0.45%、最小で0.10%と予測されている。

 新型コロナの発生源である中国は最大で1,257万3,000人、最小で279万4,000人、致死率は最大で0.90%、最小で0.20%、中国に次いで感染者数が多い韓国は最大で27万2,000人、最小で6万1,000人、致死率は最大で0.54%、最小で0.12%となっている。また、欧州で最も感染者の多いイタリアは最大で5万9,000人、最小26万5,000人、致死率は最大で0.45%、最小で0.10%だ。

 参考までに死亡者数の各国の推測は以下のようになっている。

        死亡者数(万人)   死亡率(%)
       最大   最小    最大  最小
全世界    6835   1519     -   -
インド    1662   369    1.27  0.28
中国     1257   279    0.90  0.20
インドネシア  291    65    1.13  0.25
ブラジル    115    26    0.56  0.12
米国      106    24    0.33  0.07
ロシア     84    19    0.58  0.13
メキシコ    83    18    0.66  0.15
日本      57    13    0.45  0.10
トルコ     52    12    0.67  0.15
ドイツ     35    8    0.44  0.10

 これを見ると、明らかに“突拍子もない”推測となっていることがおわかりだろう。

 だが、当のマッキビン教授は、「この報告書の執筆時点では、これらのシナリオが起きる確率は非常に不確かだが、パンデミックが発生した場合、損失が急速に増大することを分析結果は示唆している」と述べている。

 この報告書が発表された3日、WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長が記者会見を行い、「現時点で新型コロナウイルスの致死率は約3.4%」と発表した。季節性インフルエンザの致死率は1%以下だから、季節性インフルエンザの3倍以上の致死率となる。

 となれば、例えばマッキビン教授の推測では、日本の致死率は最大で0.45%だから、WHOが発表したように致死率は約3.4%になるとすれば、死亡者数は7倍以上増加して、最大で420万人を超えることになる。

 確かに新型コロナの経済的影響を推測することは重要かも知れない。しかしながら、医学の専門家ではない者が、権威あるシンクタンクから不安を煽るような報告書を発表するのはいかがなものだろうか。

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2020/03/08 21:30

日本では最小でも12万人の死亡者!? 米シンクタンクが算出した新型コロナのトンデモ経済予測のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

川口春奈抜擢は不幸中の幸い?

  新型コロナウイルスの影響でNHK大河ドラ...…
写真
インタビュー

ガーリィレコードチャンネル登場!

 テレビ的にはほぼ無名の芸人4人が、YouTubeで人気を博している。9月中旬時点で...
写真