日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ジブリと日テレに距離感が?

なぜHuluではなくNetflixに!? ジブリが“蜜月”日本テレビと距離を置くようになったワケ

文=日刊サイゾー

日本テレビ

 やっぱりビジネスは義理よりカネということか。

 米国の動画配信サービス・Netflixがスタジオジブリと『となりのトトロ』『風の谷のナウシカ』など計21作品について配信契約を締結。2月から配信がスタートしている。

「約190の国と地域で配信されるとのことで、一部では1作品に対し、約100億円の配信契約とも報じられています。ジブリ作品のほとんどすべてに日テレが製作委員会として入っており、地上波で作品をオンエアすれば、毎回、確実に2桁視聴率を記録するドル箱となっていた。Netflixとジブリの契約では、日本、アメリカ、カナダの3国は除かれているものの、日テレは子会社として運営するHuluでジブリ作品を配信するのが悲願だっただけに、上層部はさぞかし歯ぎしりしていることでしょう」(テレビ関係者)

 Huluの会員数200万人に対し、Netflixの国内会員数は300万人とライバル関係にある。これまでのジブリと日テレの蜜月関係を思えば、不義理のようにも見えるが……。

「2022年に開業予定の『ジブリパーク』は、ジブリと中日新聞グループの合弁会社が運営するなど、最近のジブリは日テレや読売新聞グループ内と距離を置きたがっているようにも見えます。というのも、ジブリと日テレの関係は氏家齋一郎会長が亡くなり、長年、宮崎駿の片腕的存在だったO氏も日テレから松竹へ移籍。ジブリから日テレの映画事業部へ行っていたT氏も昨年末にジブリ美術館に戻ったことから、関係性が希薄になっていたのは明らかでした」(前出・関係者)

12

なぜHuluではなくNetflixに!? ジブリが“蜜月”日本テレビと距離を置くようになったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ワンダーウォール』が劇場版に

 文化遺産が数多く残る京都市のなかでも、ひと...…
写真
インタビュー

M-1予選で注目浴びた赤もみじ

 コントのザ・マミィ、漫才の納言。今、波に乗る2組に注目芸人をたずねたところ、くしく...
写真