日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > プロ野球から球場名物が消滅危機

新型コロナに球場名物が奪われる!? プロ野球からビール売り子、鳴り物応援が消滅の危機

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 新型コロナウイルス感染拡大のため、開幕延期が決まったプロ野球。12日、Jリーグとの3回目の対策会議が開かれたのだが、専門家からの助言で、あの“球場名物”が消滅危機に見舞われそうだ。

 8人の専門家が複数回、検討した結果の資料が12日午前、NPBとJリーグの合同記者会見で示された。そこに明記された1つが「観客の皆様への対応」という項目で、ファンへの具体的な感染予防策が記載されたという。

「感染リスクが高い順に、ジェット風船の使用、メガホンを打ち鳴らしながらの応援、応援団の太鼓リードによる声援、拍手などがあり、要検討の項目は“サメダンスの応援”も。これは、巨人の新助っ人でメジャーリーグ時代に『ベイビー・シャーク』の楽曲が流れて応援が定着した、パーラ選手のことを指していると思われます」(スポーツ紙記者)

 さらに、長時間飲酒するファンを減らすべく、アルコール類を「売店限定で販売する」というものだ。

「となれば、ビール樽などを担いで販売する売り子は商売ができないということですからね。これはまさに死活問題。美人売り子ともなれば、1日で400杯近く売るツワモノもいるほどで、常連客は『健全なキャバクラと一緒!』という感覚で接している。まあ、これもいわば“濃厚接触”にあたるということでしょうが、仮にも禁止にしたら球団はもちろん、球場内で酒類を扱う商店は間違いなく、倒産するところが出てくるのは間違いないですね」(同)

 新型コロナ問題は、球場から歓声だけでなく美女や楽しみも奪いつつある。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/13 12:12

新型コロナに球場名物が奪われる!? プロ野球からビール売り子、鳴り物応援が消滅の危機のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

頼朝の死をめぐる謎

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真