日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > ナイキがウイグル人に強制労働

徴用工も真っ青の人権侵害 ! ナイキの韓国系サプライヤーがウイグル人に強制労働

文=中山介石(なかやま・かいすけ)

強制労働させられるウイグル人(「The News Lens」より)

 新型コロナウイルスの影響で、中国では湖北省を中心に人々の移動が制限されているが、感染拡大以前から、日常的に移動の自由を制限されている人たちがいる。それはウイグル人だ。

「ワシントン・ポスト」(3月1日付)は、中国政府が新疆支援の名目の下、ウイグル人を中国各地の工場に派遣して働かせていると報じた。オーストラリア戦略政策研究所によると、8万人以上のウイグル人が88の工場で働かされており、その中にはアップルや、BMW、サムスン、ファーウェイ(華為科技)などグローバル企業のサプライヤーも少なくない。山東省莱西市にある青島泰光製靴有限公司もその1社で、ナイキの靴を年間800万足生産。アメリカブランドにとって、最大のサプライヤーのひとつだ。

 同社では、20代あるいはそれより若いウイグル人女性が数百人働いている。彼女たちは退勤後、近くの店で買い物を済ますと、いそいそと宿舎へ戻っていく。当局によって監視されているからだ。「動き回ることはできるが、自分で(新疆に)帰ることはできない」と、女性のひとりは片言の中国語で実情を明かす。

 近くの果物店の店主は「彼女たちは望んでここに来たのではなく、連れてこられたということは誰もが知っている」と打ち明ける。また、露天商は「ウイグル人は必ず来なければならず、ほかの選択肢はない」と指摘。

 近年、ウイグル人への弾圧は国際社会から問題視されているが、ウイグル人にとっては、新型コロナウイルスよりも中国共産党のほうがよほど怖いに違いない。青島泰光製靴は登記情報によると、韓国の泰光実業の100%子会社だ。徴用工をめぐる問題で日本に賠償を求めている韓国の企業が、現代の中国でウイグル人に強制労働をさせているのはなんとも皮肉である。

中山介石(なかやま・かいすけ)

中山介石(なかやま・かいすけ)

1970年、神奈川県横浜市生まれ。日本の食材をハンドキャリーで中国に運ぶ傍ら、副業として翻訳・ライター業に従事している。

最終更新:2020/03/13 14:00

徴用工も真っ青の人権侵害 ! ナイキの韓国系サプライヤーがウイグル人に強制労働のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真