日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > コロナ禍でテレビ局「五輪恐慌」

フィギュアやプロ野球で大混乱! 新型コロナ禍に怯えるテレビ局の「五輪恐慌」カウントダウン

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:Luke,Ma

 新型コロナウイルス問題はテレビの「特番」にも影響をおよぼし始めている。フジテレビは3月19日から22日まで4夜連続で放送予定だった『世界フィギュアスケート選手権2020』が新型コロナ問題で中止になった影響で、ゴールデン帯の番組差し替え作業に追われている。

 16日、同局から一斉発表された内容では『直撃!シンソウ坂上特別編』(19日)、映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』(20日)、『FNS音楽特別番組 春は必ず来る』(21日)、映画『モアナと伝説の海』(22日)を編成して埋めることが決まった。

 同局関係者は「急遽とはいえ、フィギュアは視聴率の稼げるコンテンツ。それが中止になり全て放送できないのですから穴埋めはもちろん、CMスポンサーや代理店への説明は大変です」と困惑している。

「関東圏はさほど影響がないが、プロ野球の開幕延期に伴い名古屋、大阪、福岡など地上波ローカルで野球中継をやる地方局は、差し替え対応に苦労していると聞きます」(同)

 プロ野球をまとめるNPB(日本野球機構)は4月中の開幕に全力に取り組んでおり、予定通りなら最大でも1カ月の延期で終わる。

 ただ、前出の関係者は「もし、これが東京五輪なら、こんな状況では終わらない」と声を潜める。

「大会中は毎日、NHK、民放テレビ局1社は交代で中継をする。それだけに中止、延期が決まれば10時間以上もの枠を埋めないといけない。スポンサーはもちろん、制作サイドも例えばドラマはこの時期に放送されないことを念頭に収録スケジュールを組んでいるので、急に前倒しスタートなんてできないわけです」(同)

 近年は放映権料が高騰し「CM枠が完売しても赤字は避けられない」と言われている五輪中継。本当の「五輪恐慌」はここから始まるのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/18 16:30

フィギュアやプロ野球で大混乱! 新型コロナ禍に怯えるテレビ局の「五輪恐慌」カウントダウンのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

松田聖子、3度目の離婚も?

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染拡大に...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真