日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 東出昌大、謝罪会見で印象最悪

義理の父・渡辺謙とそっくり!? 東出昌大、謝罪会見での“煮え切らなさ”で印象最悪に

文=日刊サイゾー

 1月に「週刊文春」(文藝春秋)で女優の唐田えりかとの不倫、および不倫が原因で妻で女優の杏との別居が報じられた、俳優の東出昌大が17日、ナビゲーターをつとめるドキュメンタリー映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』のトークイベントに登場した。

 不倫報道後初めての公の場となったが、トークイベントのみならず、イベント後には囲み取材に対応したものの、すっかりやらかしてしまったようだ。

「東出の周りを囲んでいたのは百戦錬磨の女性リポーターばかり。仕事だから仕方ないですが、彼女たちはあわよくば“失言”を引き出そうと、『我、先に』というスタンスなので、東出に対して間髪入れずに質問を繰り出していました。もともと、フリートークが苦手な東出が対応できるはずがなく、事務所関係者は謝罪させるだけにすれば良かったと後悔しきり。完全な戦略ミスです」(ワイドショー関係者)

 この日の東出は「本来、このたびの件に関して、最も謝罪しなければならないのは妻に対してだと思っております」と神妙な面持ち。しかし、「カメラの前で私が何かを発言することによって、これ以上、妻を傷つけたくありません」などと、この数日で始めて話し合いを持った際の杏の反応や、離婚に関する具体的な明言は避けていた。

 さらに、「杏さんが好きなのか、唐田さんが好きなのか、どちらですか」との質問には、即答できずに何度も沈黙するひと幕があった。

12

義理の父・渡辺謙とそっくり!? 東出昌大、謝罪会見での“煮え切らなさ”で印象最悪にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真