日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 文春即完売でも喜べぬお家事情

財務省近畿財務局職員の手記掲載「文春」即完売でも喜べぬ、週刊誌業界のお家事情

文=日刊サイゾー

文春の独走状態が週刊誌の終わりの始まりに?

「編集部がスクープを狙う態勢になっていないのが現実です。病気や『死後の手続き』といった企画は、取材費は少なくて済むわりに売れるため、それが”麻薬”となっています。記者の足腰は弱り、若手編集者に至ってはそれが週刊誌とすら思っている。文春さんはスクープとなると記者を大量投入することで知られますが、こちらはそこまで取材費が出ませんしね」

 文春発売後、遺族は国を提訴。この時こそ報道は過熱したが、財務省が「再調査することは考えていない」と突っぱねたことで、トーンダウンしている。ベテラン週刊誌記者は危惧する。

「全国民が関心を持ち、どの週刊誌も飛ぶように売れたのは1990年代のオウム事件が最後でしょう。今回の件は他社が後追いするものでなく、業界の底上げとはなりません。文春の独走状態が続くことが、週刊誌の終わりの始まりとならなければいいのだが……」

 かつて週刊誌の完売といえば100万部を超えたものだが、今回の文春ですら50万部強。ぜひとも、週刊誌ジャーナリズムの踏ん張りを見せてほしいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/22 12:12
12

財務省近畿財務局職員の手記掲載「文春」即完売でも喜べぬ、週刊誌業界のお家事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真