日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 志らくが恐れる「文春砲第2弾」

番組の即打ち切りも!? 立川志らく、妻の不倫報道で恐れる「文春砲第2弾」の衝撃中身

文=日刊サイゾー

立川志らく

 TBSの「朝の顔」に衝撃が走った。

 朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)で司会を務める落語家の立川志らくに“文春砲”が炸裂したのだ。5日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、元アイドルの妻で志らく一門を切り盛りする酒井莉加が、複数の弟子と不適切な関係を持っていたという。なかでもお気に入りは「立川うおるたー」で、同誌では車中キスや酒井がうおるたーの下半身に顔をうずめる写真がバッチリ掲載されている。

 これを受け、志らくは番組オープニングで「実は、私のプライベートのことで、ちょっとゴタゴタがございまして。某週刊誌に私の妻と元弟子の不貞関係ということが掲載されました」と言及。続けて「それに関しては、私は妻のことを信じております。まあ、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。離婚することも1億%ございません。この程度のことで絆が切れるということはない。あとは、私のかけがえのない妻を世間の目から守る。命がけで守る。それだけでございます」と釈明した。

 だが、これを見た視聴者はすんなり「夫婦の絆を感じた」「感動した」とはならないようだ。酒井はうおるたー以外にも過去に弟子Aと親密な関係になり、それに気付いた志らくがAを破門。Aは精神を病み、現在は消息不明という。

「加えて、うおるたーに対する“車中口淫写真”の衝撃度。アレを人通りのある場所でやったら公然わいせつですよ。あれだけの証拠を出されて、志らくは『かけがえのない妻』と表現するのですから、世間一般とは感覚が違うのでしょう」(スポーツ紙記者)

 志らくは番組で「こんなこと言うと、全然知らない人が文春買っちゃおうかって本が売れちゃうんですけど。皆さん、立ち読みでいいですから」と呼びかけ、それでも最後は「まあ、本が売れるのは経済が回って良いこと」と、文春に配慮した物言いで締めている。こうした志らくの“及び腰”について週刊誌デスクが解説する。

12

番組の即打ち切りも!? 立川志らく、妻の不倫報道で恐れる「文春砲第2弾」の衝撃中身のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真