日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > TKO木下抜けないパワハラ臭

また後輩を恫喝!? TKO木下、松竹をクビになっても抜けない“パワハラ臭”

文=日刊サイゾー

TKO・木下隆行

 所属事務所・松竹芸能を退社したお笑いコンビ・TKO木下隆行が、19日放送のMBSラジオ『ゴチャ・まぜっ天国!』に出演した。

 木下は退社理由について「もともとは犯してしまった罪でございます。そこを入り口に最終的に松竹芸能にいづらくなった」と説明。木下には後輩芸人へのパワハラ疑惑が報じられており、やはりそれが発端であることを認めた。一方で「最終的に松竹にいづらくなった」はいかにも木下らしい。「パワハラ報道を機に松竹内で“腫れ物”扱いされた」とも読みとれる。

 木下を知る人物は「彼は芸人なのにプライドが高く、100%自分に非があったとは認めない男。今回もパワハラは申し訳なかったが、松竹にもガッカリしたという雰囲気が漂います」と話す。

 16日にはハリセンボンの近藤春菜らのモノマネで知られるジーニー堤が、自身の事務所GENIE’S ENTERTAINMENTと木下が業務提携したと発表。だが、翌日には白紙撤回し、ジーニーは「昨日、私がブログに投稿した記事、そこから派生した報道は事実とは異なり誤解を生じさせるものでした。ここに撤回し、昨日の記事を削除した上で、ご迷惑をおかけした関係者の皆さまに謝罪いたします」と報告した。

 行き違いの経緯も事細かに説明。「私は、尊敬する先輩芸人のTKO木下隆行さんに、弊社との業務提携をお願いし、口頭での了承はいただいていましたが、それはあくまでも、弊社が単に木下さんの営業窓口のひとつとなるという話であり、木下さんがヴィンテージ1の所属タレントとなるという話ではまったくありませんでした」とした上で、「業務提携という言葉で意図とすることが伝わると安易に考えた私のブログ記事が原因で、木下さんがあたかも弊社の所属タレントとなったかのような報道がなされ、その結果、木下さんはもとより、松竹芸能さまをはじめ、ご関係者の皆様に、多大なご迷惑をおかけしました。あらためてここに心より謝罪申し上げます」とした。

 この文面を見たお笑い関係者は「間違いなく、木下さんからジーニーさんのところに猛クレームがいったと思います。それも恫喝に近い形で(笑)。文章を読めば読むほど、味わいがで出てきます」と話す。

 TKOは解散せず、今後はフリーで活動していくという木下。いずれは記者会見も開く予定というが、にじみ出る“パワハラ臭”を消さない限り、苦戦は必至だろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/24 06:30

また後輩を恫喝!? TKO木下、松竹をクビになっても抜けない“パワハラ臭”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

今日はお笑いの日!

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!

 興収101,5億円を記録した映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』(98)、...
写真