日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > TKO木下、軋轢で契約撤回か?

TKO木下「契約撤回」の裏にトラブル!? 芸能人が使い分ける“所属”と“業務提携”の違いとは

文=日刊サイゾー

TKO・木下隆行

 後輩へのパワハラが報じられ、所属していた松竹芸能を退社したお笑いコンビ・TKOの木下隆行。3月16日には後輩芸人であるジーニー堤が代表を務める芸能事務所「GENIE’S ENTERTAINMENT」との業務提携を発表するも、翌日には白紙撤回されてしまった。

 ジーニー堤のブログによると、GENIE’S ENTERTAINMENTは木下と“業務提携”を結び、仕事を受ける窓口のひとつになる予定だったという。しかし、木下がGENIE’S ENTERTAINMENTの所属となるような報道があったため、関係者に迷惑がかかってしまい、一旦業務提携を白紙に戻したとのことだ。

「木下が松竹芸能をやめる際にどんな約束事があったかは不明ですが、古くからの芸能界の“暗黙の了解”として、“退所から少なくとも半年は別事務所の所属にはならない”というものがあるのも事実。業務提携とはいえ、松竹に筋を通していなかった可能性もあり、いろいろな軋轢を生んでしまった可能性もあるでしょう」(スポーツ紙記者)

 そもそも芸能事務所における“所属”と“業務提携”には、どんな違いがあるのだろうか。

「“所属”というのは、言葉の通り芸能事務所と専属契約を結ぶことですね。その事務所が仕事の窓口になり、スケジュールを管理します。タレントが住む場所を用意したり、税金関係の処理を手伝ったりなど、身の回りの様々なケアをすることも多いです。

 一方、“業務提携”というのは、タレントのマネジメントをするのではなく、一部の仕事の窓口になるというケースが多い。たとえば、俳優事務所に所属しているタレントがバラエティー番組に出るときだけ、バラエティーに強い事務所を窓口にするということもあります」(同)

 しかし、業務提携のスタイルは、これだというものがあるわけではなく、タレントや事務所によって様々だという。

「業務提携先の事務所が単純に窓口になるだけの場合もあれば、しっかりマネジメントをすることもある。一つの現場に、複数の事務所からマネージャーが派遣されるタレントもいますよ。あとは、名目上業務提携となっているだけで、特に何も動いていないもともありますね。

 そういう場合は、そのタレントの売り上げの何割かが自動的に業務提携している事務所に入るというケースもあります。タレントの“利権”を事務所間でやり取りしている形です。人気タレントが所属していないのに、なぜか長く続いている芸能事務所がありますが、そういうところはこっそり他事務所の人気タレントと業務提携関係にあって、その売り上げをもらっているというわけです」(同)

12

TKO木下「契約撤回」の裏にトラブル!? 芸能人が使い分ける“所属”と“業務提携”の違いとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

松田聖子、3度目の離婚も?

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染拡大に...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真