日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > セレブSMイベント開催で非難轟轟

100名近くが濃厚接触! 厳戒態勢の台湾で極秘開催された“セレブSMイベント”に非難ごうごう!

文=中山介石(なかやま・かいすけ)

イメージ画像(ACより)

 新型コロナ対策として国や県が自粛を求めたにもかかわらず、3月22日にさいたま市で開催された「K-1ワールドグランプリ」に批判の声が上がっている。会場には約6,500人の観客が訪れたが、観戦者から発熱症状が出たとの一部報道もあり、関係者に動揺が広がっている

 一方、お隣台湾では、コロナ対策として集会やイベントが法律で規制されているが、そんななか、ひそかにあるイベントを行った一団が、批判にさらされている。

 台湾ネットメディア「CTWANT」(3月18日付)によると、8日午後、台北市内のバーでSMサークルのイベントが開催されるとの情報をキャッチした記者が現場に潜入取材。このサークルには財界人や資産家の子女たちが会員として名を連ねており、月2~3回、イベントを開催しているという。

 地下にある店内に記者が足を踏み入れると、女性を亀甲縛りにして吊るし上げる男性、男性の上にまたがり首を絞める女性、Tバック姿の女性の尻をスパンキングする女性、アイマスクをしている女性の胸をもてあそぶ男性……と、それぞれが思い思いのプレイを楽しんでいた。70坪ほどの店内にはいくつかの部屋があるものの、ドアはない。参加者は100名近く、かなりの人口密度だったという。

 こうした状況について台北市立総合医院の医師は「密閉された空間で参加者はマスクをしておらず、飛沫感染、接触感染、空気感染の3大リスクがそろっている」と指摘。現場では唾液、汗、さらには別の“体液”まで飛び交い、まさにウイルスの培養場だったと同メディアは断罪している。

 実は潜入取材の前からこのイベントは警察当局にマークされていたようで、警察は3,000台湾ドル(約1万1,000円)でスペースを貸していたバーの経営者に任意で事情聴取。その際には「ここ2カ月はコロナ感染拡大防止のため同会には貸しておらず、ほかのイベントを開催する場合でも、1階にアルコール消毒液を設置するなど対策を取っていた」と説明していたという。しかし、CTWANTの潜入取材によって真実が暴かれた今、警察はさらなる調査を行うとしている。

 また、政府による防疫措置に素直に従っている多くの市民からも、このサークルやバーに対して厳しい批判の声が上がっている。彼らは、プレイではなく、本当の「お仕置き」を受けることになりそうだ。

 

中山介石(なかやま・かいすけ)

中山介石(なかやま・かいすけ)

1970年、神奈川県横浜市生まれ。日本の食材をハンドキャリーで中国に運ぶ傍ら、副業として翻訳・ライター業に従事している。

最終更新:2020/03/26 14:00
関連キーワード

100名近くが濃厚接触! 厳戒態勢の台湾で極秘開催された“セレブSMイベント”に非難ごうごう!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

女性の強さで人間の生を描いた 相米慎二『あ、春』

 こんばんは! 宮下かな子です。陽射しが少し...…
写真
インタビュー

サッカーメディアの今後は?

 ヨーロッパから南米まで、世界中の最先端の戦術からクラブ経営の裏側まで多角的に取り上...
写真