日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 4月ドラマ「バディもの」だらけの裏事情

綾野剛×星野源、玉木宏×高橋一生、中島健人×平野紫耀…4月ドラマ「ダブル主演」多発の裏事情

文=岩見司(いわみ・つかさ)

綾野剛×星野源、中島健人×平野紫耀、玉木宏×高橋一生…4月クールドラマ「バディもの」多発の裏事情の画像1
『MIU404』公式サイトより

 綾野剛&星野源主演の『MIU404』(TBS系)、中島健人&平野紫耀の『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)、田中圭&安田顕『らせんの迷宮』(テレビ東京)、織田裕二&中島裕翔の『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)、藤原竜也&竹内涼真の『太陽は動かない -THE ECLIPSE-』(WOWOW)……4月クールの新ドラマであるこれらの作品には、共通点がある。それは男2人の「バディもの」であることだ。

「シャーロック・ホームズ」の例を出すまでもなく、バディものは古今東西フィクションの定番だ。その魅力は、性格・生い立ちが対照的なキャラクター同士が共に困難に挑み、その過程で反発しあったり心を通じ合わせたりする物語にある。男2人の絆に盛り上がりがちな腐女子のみならず、多くの視聴者を惹き付けやすく、日本のテレビドラマでもよく見られる構図だ。昨年10月の月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ)で、ディーン・フジオカと岩田剛典の2人が“顔面最強バディ”と公式に称されていたのも記憶に新しい。

 それにしても、さすがに今クールは「バディもの」フォーマットが多すぎるように感じる。なぜこのような事態が生じたのだろうか。そこには芸能事務所の思惑があるという。キー局関係者はこう語る。

「最近はキャスティングする際に、主演を依頼した俳優の事務所側から『ダブル主演なら引き受けます』と言われるケースが少なくないんです。今は視聴率が日々ネットニュースになり、低調だった作品で主演をつとめていると『低視聴率俳優』の烙印を簡単に押されてしまう。ダブル主演にすれば、責任の所在が分散できますよね。そうした事情から、バディものにしてダブル主演にするか、実際はそうでなくとも主役級が2人いるように見える作品が増えているという見方はできると思います」

 こちらはバディものではないが、今期は玉木宏と高橋一生をダブル主演に据えた『竜の道 二つの顔の復讐者』(フジテレビ系)もひかえている。このように主演級の俳優が2人いるとなれば、現場で気を使う場面は増えるはずだ。「なぜ自分とあいつが同格なのか」「自分のほうが扱いが悪い」なんてことを言い出す俳優がいてもおかしくなさそうだが……。

12

綾野剛×星野源、玉木宏×高橋一生、中島健人×平野紫耀…4月ドラマ「ダブル主演」多発の裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真