日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『エール』途中降板の脚本家の胸中

天海祐希『トップナイフ』で見返せず!? NHK朝ドラ『エール』途中降板した脚本家の複雑胸中

文=日刊サイゾー

天海祐希

 原作者は素直に“エール”を送ることができるのだろうか。

 3月30日にスタートするNHK朝ドラ『エール』の試写会で、脚本を降板した林宏司氏がスタッフ表記に「原作」としてクレジットされていることがわかった。

 同ドラマは昨年9月に撮影が始まっていたものの、NHKは昨年11月に脚本家の交代を発表。朝ドラの脚本家が途中で交代するのは前代未聞ですが、理由についてNHKは『制作上の都合』としか明かしていなかった。

「漏れ伝わってきたところによれば、林氏の脚本の内容について演出家が満足できず、直しを求めるなど揉めていたようです。NHKによると、第3週までは『原作』というクレジットになるようです。林氏といえば、過去に脚本を担当していたフジテレビ系のドラマ『医龍』(フジテレビ系)は4期で、同じく『コード・ブルー』は3rd seasonで交代となっており、こちらも何らかのトラブルがあったとされています」(テレビ誌ライター)

『エール』の降板を発表された林氏だが、すぐに1月期の天海祐希主演のドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系)の脚本を担当することに。

12

天海祐希『トップナイフ』で見返せず!? NHK朝ドラ『エール』途中降板した脚本家の複雑胸中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

たけし&志らく女性に周囲が迷惑

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真