日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『エール』途中降板の脚本家の胸中

天海祐希『トップナイフ』で見返せず!? NHK朝ドラ『エール』途中降板した脚本家の複雑胸中

文=日刊サイゾー

天海祐希

 原作者は素直に“エール”を送ることができるのだろうか。

 3月30日にスタートするNHK朝ドラ『エール』の試写会で、脚本を降板した林宏司氏がスタッフ表記に「原作」としてクレジットされていることがわかった。

 同ドラマは昨年9月に撮影が始まっていたものの、NHKは昨年11月に脚本家の交代を発表。朝ドラの脚本家が途中で交代するのは前代未聞ですが、理由についてNHKは『制作上の都合』としか明かしていなかった。

「漏れ伝わってきたところによれば、林氏の脚本の内容について演出家が満足できず、直しを求めるなど揉めていたようです。NHKによると、第3週までは『原作』というクレジットになるようです。林氏といえば、過去に脚本を担当していたフジテレビ系のドラマ『医龍』(フジテレビ系)は4期で、同じく『コード・ブルー』は3rd seasonで交代となっており、こちらも何らかのトラブルがあったとされています」(テレビ誌ライター)

『エール』の降板を発表された林氏だが、すぐに1月期の天海祐希主演のドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系)の脚本を担当することに。

12

天海祐希『トップナイフ』で見返せず!? NHK朝ドラ『エール』途中降板した脚本家の複雑胸中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田、大物女性歌手が親戚だった

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真