日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > テレ東、鷲見玲奈が番組続投へ

テレ東が女子アナ人材不足を露呈? 不倫騒動で退社の鷲見玲奈アナが担当番組を異例の続投

鷲見玲奈

 3月いっぱいで、テレビ東京を退社し、大手芸能事務所セント・フォースに所属する鷲見玲奈アナが、4月以降も『家、ついて行ってイイですか?』『FOOT×BRAIN』に続投する方向であることがわかった。

「鷲見アナのファンにとっては、フリー転向後、テレビで見る機会が激減する可能性もあっただけに、続投には歓喜の声が上がっています。鷲見アナ自身、セント・フォースにとっても、仕事が確保されたことで安堵しているようです」(女子アナウオッチャー)

 昨年12月、鷲見アナは先輩で既婚者の増田和也元アナとの不倫疑惑が報じられた。増田元アナは同11月12日付でアナウンス部から営業局営業推進部に異動させられていたが、鷲見アナはしばらく画面から消えた後に、しれっと復帰。局内の事情聴取では疑惑を否定したというが、世間的に疑惑は払拭されておらず、いつ再燃するかわからない。居づらくなった鷲見アナはフリー転向を決断し、同局としては厄介払いができたわけだが、それでも鷲見アナを起用し続けなければならない事情があるのだろう。

「テレ東にも、それなりの人数の女子アナはいますが、なんせ数字を獲れるような“人気女子アナ”が極めて少なく、人材不足なんです。『ワールドビジネスサテライト』のMCを務める大江麻理子キャスターの人気はいまだ絶対的なものがありますが、報道局所属であるため、ほかの番組は任せられない。2番手だった狩野恵里アナは、ようやく産休・育休から復職しましたが、まだ子どもも幼く、本格的な復帰は先になりそう。鷲見アナは3番手ですが、狩野アナが不在の間、大車輪の活躍を見せました。『家つい』は、鷲見アナの人気に支えられてきた面があります。ほかの女子アナに代えて視聴率が落ちるくらいなら、フリーになっても鷲見アナを続投させたほうが無難と同局も考えたのでしょう。もう社員でもなく、もし不倫疑惑が再燃したら、クビを切ればいいだけですから」(同)

 “苦肉の策”とはいえ、鷲見アナを続投させなければならなかったテレ東。新たにブレークする女子アナの誕生が切に望まれるところだ。

最終更新:2020/04/01 18:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed