日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 窪田正孝、 結婚経ても女性人気

窪田正孝のNHK朝ドラ『エール』に期待感? 結婚を経ても女性人気が爆上がりのワケ

文=日刊サイゾー

窪田正孝

 3月30日から放送がスタートしたNHK朝の連続テレビ小説『エール』。福島市出身の作曲家・古関裕而氏をモデルにした主人公役を窪田正孝が演じるが、第1話を見たファンの間では早くも期待の声があがっている。

 窪田といえば、2015年放送のドラマ『デスノート』(日本テレビ系)、17年、19年公開の映画『東京喰種』などで難役を演じてきたが、ブレイクのきっかけとなったのは、14年に出演した朝ドラ『花子とアン』。吉高由里子演じるヒロインに想いを寄せる幼なじみ・朝市役が反響を呼び、一気にその知名度を全国区にした。

「『花子とアン』では、朝市の恋が報われないまま終わったため、NHKに対して視聴者から“朝市にも幸せになってほしい”との声が多数寄せられ、急遽、『朝市の嫁さん』というスピンオフドラマが制作されたほどでした」(ドラマウォッチャー)

 ちょうど同時期に放送されたドラマ『Nのために』(TBS系)でも、榮倉奈々演じるヒロインを想い続ける幼なじみ役を演じたことに加え、バラエティで「浮気をしたことがない」と発言したことで、女性ファンの心を掴んだ。

「17年に放送された『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に出演した際、“浮気をするのとされるのとでは、どちらがマシか?”というトークテーマの中で、『自分は浮気はしたくない。過去の恋愛でも一度も浮気はしたことがない』『違う人を好きになるなら、まず先の関係を終わらせたいんですね。ひとつのことしかできないから』とコメントし、女性陣から拍手を送られていました」(前同)

 “一途に相手を想い続ける”という役柄のイメージと相まって“真面目”“誠実そう”と、好感度を上げた窪田。とはいえ、昨年、女優・水川あさみとの結婚を発表したことで、女性人気にも陰りを見せるかと思いきや、むしろファンを増やしている様子だという。

「2月28日に公開された『初恋』で、窪田くんは主演を演じていますが、そのジャパンプレミアイベントで、“今年、挑戦してみたい初〇〇は?”というお題に、『自分の奥さまと一緒に富士山に登りたいですね』と自ら水川について言及。SNSでは〈素敵な夫婦〉〈“奥さま”という呼び方がかわいい〉など、好意的なコメントが目立ちました」(前同)

『エール』では、二階堂ふみ演じる妻・関内音との夫婦愛が物語の軸となるだけに、ファンの期待もいやが上にも高まるところ。とはいえ、東出昌大の例もあるだけに、モテ男ゆえの不倫スキャンダルには気をつけてほしい!?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/01 21:45

窪田正孝のNHK朝ドラ『エール』に期待感? 結婚を経ても女性人気が爆上がりのワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真