日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 生島企画室が女子アナの登竜門に

生島企画室が「一挙に3人輩出」で女子アナの新たな登竜門に

文=日刊サイゾー

生島企画室オフィシャルサイトより

 女子アナ志望の女子大生たちの憧れの事務所に⁉

 生島企画室に所属する3人のタレントが4月1日に、3人の女子アナが誕生することがわかった。

「タレントの佐久間みなみと渡辺渚はフジテレビ、紅葉(くれは)は静岡第一テレビに入社します。佐久間は、12~16歳を米ペンシルベニア州で生活し、TOEIC945点のバイリンガル。音楽と女優活動に取り組むかたわら、紅葉とともに静岡第一の番組でお天気コーナーを担当していました。その紅葉は全国大会出場経験もある空手ガールで、得意技は裏回し蹴りという変わり種。渡辺も『潜在能力テスト』(フジテレビ系)やラジオ番組のMCで活躍しており、いずれもルックスは抜群、即戦力の逸材です。3人同時に局アナを輩出したことに事務所の会長で元TBSのアナウンサーの生島ヒロシも『望外の喜び』と語っています」(芸能記者)

 生島は今年1月にアナウンサーを目指す大学生らを集め、『第1回生島トーク塾』を開講。新型コロナ禍のため2回目以降は開催していないが、騒動が落ち着けば3人に続くアナウンサー予備軍を育てるつもりだと言う。

「生島企画室の“営業力”は業界内でも一目置かれています。生島本人もプレーイングマネージャーとして、色々な局に出向き、頭下げて売り込んでいるため、必然、局との結びつきが強くなるのでしょう。3人の女子アナが誕生したことで、アナウンサースクールに人を集めやすくなり、安定収入を得られる。有望な人材は事務所に所属させるも良し、局アナに放流しておいて、フリーになった際に事務所に戻すも良し。どちらにせよ、メリットしかありません」(テレビ関係者)

 生島といえば、仕事が激減した2003年頃には10億円の借金を背負っていたものの、“エロ賢い”のキャッチフレーズで所属タレントの優木まおみが大ブレイクしたことによって、すべて完済した逸話を持つ。

「女子アナへの登竜門」のイメージがつけば、生島企画室はしばらく安泰だろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/02 06:30

女子アナの新たな登竜門!? 生島企画室が「一挙に3人輩出」で女子大生が殺到する事務所にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真