日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 佐藤健YouTubeが160万人突破

佐藤健のYouTubeが登録者160万人突破! 大手事務所も追随で人気俳優も続々参戦か

文=日刊サイゾー

佐藤健

 お笑い芸人を中心にタレントのYouTube進出が活発化しているなか、最近でもっとも強いインパクトを与えたのが俳優・佐藤健の公式チャンネル開設だ。

 佐藤は、主演ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)の最終話が放送され翌日となる3月18日にYouTubeの公式チャンネルを開設し、20日には同作の相手役だった上白石萌音をゲストに呼び、生配信を行った。

「ネット上でもバズったドラマの最終回に合わせての生配信は、戦略的にも完璧。生配信の内容そのものは基本的に2人のトークで、特に凝ったものではありませんが、それでも視聴者を引きつけるには十分。チャンネル登録者も開設から約2週間ですでに約160万人となっています」(メディア関係者)

 佐藤のほかにも、川口春奈や本田翼など、俳優・女優の進出も増えている。

「俳優や女優は、“その人が出ているだけで満足”というファンが圧倒的に多い。それと同時に、熱心なファンではなくても“なんとなく好き”という人も多いんです。その結果、特に凝った動画内容にする必要もなく、再生回数も登録者数も増えていくわけです。制作サイドとしてこんなに楽でオイシイ話はないでしょう。事務所としても手軽に売り上げを出すことができるコンテンツとして、結構なやる気を見せているのでは」(同)

 佐藤のような人気俳優の存在は、既存のYouTuberを蹴散らすほどの力を持っているという。

「今のところ佐藤がアップしているのは、初回の上白石とのトークの動画と、神木隆之介など事務所の後輩とのドライブ動画のみ。映像制作はしっかりとしていますが、企画そのものはとんでもなくぬるいものです。これで何百万回も再生されるのだから、本当にすごい。ここでもしも凝った企画を始めようものなら、ほかのYouTuberは完全に淘汰されかねないでしょう」(同)

 佐藤の成功を見て、同様にYouTubeを始めようとする俳優も出てきそうだ。

「女性ファンの多い若手俳優という意味では、竹内涼真や吉沢亮、横浜流星などが始めれば、相当な人気になるでしょう。あるいはネットユーザーからの支持率の高い山田孝之や阿部寛といったところがYouTuberになれば、業界が大きく動くのでは。実際に、とある大手芸能事務所は、所属タレント向けにYouTubeチャンネル開設のレクチャーを始めているといいます。そこは誰もが知るような人気俳優も多い事務所なので、近い将来、激震が走るかもしれません」(芸能事務所関係者)

 新型コロナウイルスの影響でドラマや映画の撮影もままならない昨今。YouTubeであれば少人数でも撮影できる……ということで、こちらに活路を見出す俳優も出てくるはず。YouTubeが俳優たちに占領される時代も近そうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/04 12:51

佐藤健のYouTubeが登録者160万人突破! 大手事務所も追随で人気俳優も続々参戦かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真