日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 欅坂46、離脱者も踏みとどまる

欅坂46は新型コロナの影響が最小限に? 離脱者続出も、どうにか踏みとどまる

文=日刊サイゾー

槻坂46公式サイトより

 新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けているエンタメ業界。特にコンサートや握手会が軒並み中止・延期となっている女性アイドルたちへの影響は大きい。

「乃木坂46もAKB48も、2月下旬以降のライブや握手会が中止、もしくは延期になっています。ハロプロも同様にライブやリリースイベントのすべてが取りやめとなっています。しかも、コンサート再開時期がいつなのかもわからない状態。ライブやイベントには設営などに莫大な金額がかかるわけで、どのアイドル運営もかなりの損失を受けています」(音楽事務所関係者)

 その一方で、新型コロナウイルスの影響が最小限に留まっているのが欅坂46だ。

「欅坂46は今年の3月以降、主催イベントが一切なかったんです。握手会も予定されていなければ、コンサートツアーもない。現時点では、特にイベントやコンサートが中止になったということはないんです」(同)

 もちろん、まったく影響がなかったわけではない。4月3日公開予定だった映画『僕たちの嘘と真実 DOCUMENTARY of 欅坂46』は公開延期となった。また、メンバーが出演する予定だった『東京ガールズコレクション 2020 SPRING/SUMMER』(2月29日)は無観客開催になった。

「映画の公開延期はそこそこの痛手ではあるものの、TGCについては欅坂46主催ではないのでダメージはゼロに等しい。コンサートや握手会が中止になりまくっているほかのアイドルに比べれば、ほぼ無傷といえます」(同)

 欅坂46としては2019年2月の『黒い羊』以来、1年以上シングルをリリースしていない状態。そして、同シングルリリース以降、メンバー5人が卒業・脱退している。

「絶対的センターであった平手友梨奈が脱退するなど、グループ編成に大きな動きがあったので、シングルがリリースされないのも、ある意味仕方なかったのでしょう。特に、平手が抜けた1月以降、グループを再始動させるためには、小休止が必要だったという側面もある。

 そして、今からが本格的に立て直さなければならない時期であり、そこで新型コロナウイルスのせいでメンバーの稼働が難しくなるのは、大きな誤算です。でも、運営サイドからみれば、新型コロナによる損失がほとんどないということは不幸中の幸い。仮に平手友梨奈の卒業コンサートを企画していて、それが流れたとなったら、想像以上の損害になっていたはず。最悪の事態は逃れたという意味では、欅坂46のしぶとさを感じます」(アイドル雑誌編集者)

 離脱者続出で不安も抱えている欅坂46だが、まだまだ天は味方しているのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/07 10:20

欅坂46は新型コロナの影響が最小限に? 離脱者続出も、どうにか踏みとどまるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

Kダブ語るトランプ「忖度しない型破りな政策」

 パート1では、Kダブシャインがトランプを支持するまでの経緯を見たが、本稿ではさらに...
写真