日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > “形だけのテレワーク”の違和感

『ヒルナンデス!』“形だけのテレワーク”の違和感、「裏では濃厚接触」の声も

文=日刊サイゾー

日本テレビ公式サイトより

 テレビ界で広がっている、新型コロナウイルス感染対策。特に生放送の情報番組ではメインスタジオにいるのはMCを含めた数人で、その他のコメンテーターは自宅や別スタジオなどからの中継で出演するという「テレワーク出演」も増えている。フジテレビ系『バイキング』などは、このスタイルでの放送となった。

「人が密集することを防ぐという意味ではいいと思うんですが、ちょっとこれはどうなのかな?と思う部分もありますよ」

 そう話すのは、とあるメディア関係者だ。特に『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)でのテレワーク出演が気になったという。

「4月6日の放送では、バイきんぐの小峠さんが日本テレビ社屋のロビーから中継していたんです。小峠さんの周囲には誰もいなくて、固定カメラで撮影されていたんですが、これって果たしてテレワークなんですかね? ロビーでロケをしているんだから、セッティングするスタッフもいたはずだし、小峠さんは自宅から日テレまで来ているということ。“自宅からスマホで中継”みたいな感じであれば、感染対策にもなると思うんですが、これではただ単にスタジオから出ただけ。こうした映像を見せて、感染対策をしているとアピールしたかっただけなのでは?と思ってしまいます」(同)

 つまり、“形だけのテレワーク出演だったのではないか”という指摘である。

 また、濃厚接触を防ぐという意味で、出演者同士が1~2メートル離れた状態で放送する番組も増えているが、カメラに映らない場所では、まさかの光景もあるという。

「スタジオでは出演者同士が “ソーシャルディスタンス”を取っていますが、前室ではかなり距離が近いことも多いです。テレビ局内の通路も決して広いわけではないので、スタッフや出演者が密接した状態ですれ違うこともよくある。スタッフルームなんかも以前と変わりなく人が出入りしているし、濃厚接触を防いでいるとは思えません」(構成作家)

 どうやら感染予防に対する意識がかなり低そうなテレビ業界。しかし、緊急事態宣言の発令によって、状況も変化してきそうだ。

「4月の第2週くらいからは、収録もどんどん中止になってきていて、さすがにテレビ局もしっかりと感染対策を行わざるを得ない。ただ、感染予防を世の中に訴えかけるマスメディアとしては、遅すぎだと思いますけどね」(前出・メディア関係者)

 こうした批判の声に対応してか、4月8日放送の『ヒルナンデス!』ではついに、スタジオにはMCの南原清隆ひとりというスタイルでの放送となった。テレビ局の“形だけテレワーク”で知らぬ間にテレビ局内でクラスター感染が起きていた、なんてことにならないことを願いたい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/10 12:05

『ヒルナンデス!』“形だけのテレワーク”の違和感、「裏では濃厚接触」の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

劇作家が語るコロナ禍と誤解

 新型コロナウィルスの影響によって、音楽ライブや演劇といったライブパフォーマンスが危...
写真