日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 濡れ場が「接触濃厚」 で消滅

田中みな実、中島健人も…4月期ドラマの売りになるはずの濡れ場が「接触濃厚」 で完全消滅

文=日刊サイゾー

田中みな実

 これまで視聴率に一喜一憂していきたテレビ業界だが、この春から新たな指標が誕生し、番組作りに大きな影響を与えそうだ。テレビ関係者が言う。

「ビデオリサーチが行っている視聴率調査がリニューアルし、全国で『個人視聴率』が導入されました。これまでテレビ各局は目先の世帯視聴率を求めて、高齢層向けの番組を作ってきた。しかし、多くのスポンサー企業がターゲットにしていのは若年層。個人視聴率がわかれば、よりピンポイントに商品を訴求できるようになる。当然、テレビ側も広告収入増を狙い、若年層の視聴者層を掘り起すよう番組のキャスティングや内容をシフトチェンジするようになる。今後は大御所タレントの出番が減り、恋愛ドラマが増えると予想されます」

 こうした流れを受けてか、各局とも4月期のドラマでは恋愛要素を盛り込み、若者を囲い込もうとしたようだ。しかし、件の感染拡大により、キスシーンや抱擁、濡れ場は“濃厚接触”となってしまうことになり、台本からカットされることになりそうだという。

「三浦翔平と田中みな実、安斉かれんの濡れ場への期待がかかっていた『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)、中島健人と平野紫耀がダブル主演し、吉瀬美智子と妄想の中でのキスシーンがNGになった『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)、多部未華子と大森南朋や瀬戸康史らとのキスシーンが想定されていた『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)、ドロドロの不倫劇を描き原沙知絵と袴田吉彦の濡れ場が期待されていた『女ともだち』(BSテレ東)、夢の中で大泉洋との濡れ場があった篠原涼子の『ハケンの品格2020』(日本テレビ系)は影響を受けていそう。ラブシーンがなければ男女関係にもリアルさがなくなってきますし、見所となるはずのシーンがなくなることで、視聴率的にも苦戦するかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 ただ、身体への接触のない恋愛シーンが逆にピュアだと、若年層にウケることを期待したい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/12 06:30

田中みな実、中島健人も…4月期ドラマの売りになるはずの濡れ場が「接触濃厚」 で完全消滅のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

やさぐれキャラ・納言の戦略

「神田の女はすぐ金券ショップに入るなあ!」 ――タバコ。ライダースジャケット。そして、東...
写真