日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ダンジョン』FORKが魅せた!
『フリースタイルダンジョン』レビュー

『フリースタイルダンジョン』歴史に残るパンチラインを放ったFORKが火曜の夜にトレンドワード入り!

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系/AbemaTV)

 4月7日放送『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)は、初戦で呂布カルマ(りょふ・かるま)を撃破したSAM(さむ)の2戦目からスタート。今回召喚されたモンスターはERONE(えろーん)である。

アカペラに合う声質と合わない声質がある

 ERONEとSAMのバトルということは、つまり韻対決になるということ。いざ2人がステージにそろうと、ルーレットはなんとアカペラ(ビートを流さず無音の中で行うフリースタイルバトル)を指してしまった。最近のアカペラ率の高さは何!?

 アカペラには、合う声質と合わない声質があるように思う。ぶっちゃけ、ERONEの声は後者だ。あまり無音のビートに映える声質ではない。それが理由なのか、ERONEが踏み続けてもオーディエンスがあまりアガっていない。ちなみに、ERONEが繰り出したライムは以下だ。

「セコいこと 言うなよ 焼肉代
チャンピオンだろ? マジに辛い
俺は大好き 上ロース
SAMくんは? 上等っす」

「元気だぜ 持って帰れないよ 現金はね
使ったんだよ Change the game」

「これはだってアカペラだ 俺が決める離れ技
SAMなんて両手いらない片手間じゃん」

「俺は脂が乗ってる豚骨ラーメン お前実際ポンコツなんです
俺に負けてなれ 情緒不安定
SAMのラップは実際 相当つまんねぇ」

 このバトルは、オラオラのERONEをいなしたSAMがクリティカルで勝利した。忌憚なく言ってしまうと、「Mr.upgrade」という異名の割にERONEの踏み方は少し古く感じてしまう。あと、アカペラ対決は後攻のほうがあまりにも有利になる気がする。

12

『フリースタイルダンジョン』歴史に残るパンチラインを放ったFORKが火曜の夜にトレンドワード入り!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真