日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 志村けんの自伝作が企画も即頓挫

志村けんさんの「自伝ドラマ」が即頓挫した理由とは?

文=日刊サイゾー

志村けん

 新型コロナウイルス感染症による肺炎で、志村けんさんが急逝したのは3月29日。日本の喜劇王の死は世界各国でも報道され、各局も追悼特番を放送した。

「4月1日には、フジテレビが『ドリフ大爆笑』『志村けんのだいじょうぶだぁ』『バカ殿様』の名場面をふんだんに使った演出で平均視聴率も21.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得。スタジオに招かれた加藤茶、仲本工事、高木ブーの追悼コメントに視聴者は号泣しました。その後もNHK、日本テレビなどが追悼特番を組み、いずれも高視聴率を記録しています。WOWOWも4月19日と26日に『松竹ドリフ映画』4作品を追悼特集として放送するようです」(テレビ誌ライター)

 そんななか、とある制作会社が別角度の追悼企画をぶち上げたという。テレビ関係者が明かす。

「『志村けん物語』的な自伝作品をドラマか映画で制作したいとのことで、日本テレビが乗り気になっていたようです。千鳥・大悟など縁者も多数出演させようというもので、実現すれば話題になることは確実でした」

 しかし、結論から言えば、この企画はすぐに頓挫することになった。前出のテレビ関係者が続ける。

「志村さんは名誉欲といったものが一切なく、自分は一コメディアンというのが矜持。誇張されて偉人のように扱われるのを嫌がっていたという理由で、所属事務所からNGを通達されたようです」

 もっとも自伝作などなくとも、志村さんの生き様は多くの人たちの胸に届いているはずだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/16 21:00

コメディアンの矜持!? 志村けんさんの「自伝ドラマ」が企画されるも即頓挫した理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

今日はお笑いの日!

お笑いコラムを一挙放出!
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

ラッパーPablo Blastaインタビュー

 Pablo Blastaというラッパーの名前は、DJ CHARI & DJ...
写真