日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 志村けんの自伝作が企画も即頓挫

志村けんさんの「自伝ドラマ」が即頓挫した理由とは?

文=日刊サイゾー

志村けん

 新型コロナウイルス感染症による肺炎で、志村けんさんが急逝したのは3月29日。日本の喜劇王の死は世界各国でも報道され、各局も追悼特番を放送した。

「4月1日には、フジテレビが『ドリフ大爆笑』『志村けんのだいじょうぶだぁ』『バカ殿様』の名場面をふんだんに使った演出で平均視聴率も21.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得。スタジオに招かれた加藤茶、仲本工事、高木ブーの追悼コメントに視聴者は号泣しました。その後もNHK、日本テレビなどが追悼特番を組み、いずれも高視聴率を記録しています。WOWOWも4月19日と26日に『松竹ドリフ映画』4作品を追悼特集として放送するようです」(テレビ誌ライター)

 そんななか、とある制作会社が別角度の追悼企画をぶち上げたという。テレビ関係者が明かす。

「『志村けん物語』的な自伝作品をドラマか映画で制作したいとのことで、日本テレビが乗り気になっていたようです。千鳥・大悟など縁者も多数出演させようというもので、実現すれば話題になることは確実でした」

 しかし、結論から言えば、この企画はすぐに頓挫することになった。前出のテレビ関係者が続ける。

「志村さんは名誉欲といったものが一切なく、自分は一コメディアンというのが矜持。誇張されて偉人のように扱われるのを嫌がっていたという理由で、所属事務所からNGを通達されたようです」

 もっとも自伝作などなくとも、志村さんの生き様は多くの人たちの胸に届いているはずだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/16 21:00

コメディアンの矜持!? 志村けんさんの「自伝ドラマ」が企画されるも即頓挫した理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真