日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 松浦氏が「シャブ歌姫」暴露

エイベックス松浦氏が暴露⁉ 文春が公開した音声テープの「シャブ歌姫」にネット騒然

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

 ドラマよりもドラマチックな展開になってきた⁉

 浜崎あゆみの自伝をドラマ化した『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)が4月18日に放送れ、初回平均視聴率5.6%を記録。同枠で放送されて話題を呼んだ『おっさんずラブ-in the sky-』の5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に迫る好スタートを切った。

 しかし『M』の放送当日、『文春オンライン』がドラマで三浦翔平演じる「マサ」のモデルとなったエイベックス・松浦勝人会長の大麻使用疑惑を掲載。YouTubeでもそれを裏付けるような音声が公開され、騒動となっている。

「告発したのは、元エイベックス社員で女性フリーライターのAさん。松浦氏は疑惑を否定しているものの、“はっぱ”というワードが頻繁に飛び交う生々しい肉声は、冗談という雰囲気でもない。Aさん自身が大麻を吸っていると思われる場面もあることから捨て身感があり、腹をくくっている様子が伺えます」(芸能記者)

 また、音声で松浦氏は「歌姫とも呼ばれた有名女性アーティストの薬物使用」についても言及している。

「その女性歌手の家で松浦氏は『出てって!』と激怒されたそうで、『ヤンキーだよ。シャブやってるし』と証言しています。音声では名前が伏せられていますが、松浦氏にブチギレれることができる間柄の歌姫といえば、想像できるのはあの人ひとりでしょう。ネット上では『Mの話にも共感出来なかったし、周りの人も影響されてんだろうなってずっと思ってました』『この人と関わりのあったアーティストもやばそうだね』との声も上がっています。テレ朝やスポンサーへの抗議も予想されますし、果たして最後まで放送されるか心配です」(同)

 今後は、『M』を観ても、視聴者はその向こうに美談ではない闇を感じてしまうことになりそう。眼帯秘書を演じた田中みな実の怪演も、松浦氏のスキャンダルにかき消されそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/21 10:30

エイベックス松浦氏が暴露⁉ 文春が公開した音声テープの「シャブ歌姫」にネット騒然のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を...
写真