日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 田中みな実にツッコミ祭り

ただの水野美紀? 写輪眼? ドラマ『M』田中みな実の怪演にツッコミ祭り

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

「吹っ切った演技してて最高すぎる」「一人だけ世界観ズレてない?」

 4月18日にスタートしたドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)が、ネット上で大反響となっている。その中心にいるのが田中みな実だ。

 同ドラマは、浜崎あゆみが誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描いた同名小説が原作。脚本を同局の『奪い愛』シリーズで話題を呼んだ鈴木おさむ氏が担当。田中はオリジナルキャラで、三浦翔平演じるマサの眼帯の秘書・姫野礼香役で出演している。

「まるで往年の大映ドラマを観ているようでしたね。『私の目の代わりになるって言ってくれたよねぇ???』『見える~見えるよ~マサの未来が~』と言いながら、葡萄を一粒口に含む画は狂気に満ちていて、『奪い愛』で『完全にホラー』と評された水野美紀の演じ方をそのまま完コピしているようでしたね。第2話では、“本家”の水野が登場するということで、お腹いっぱいになりそうです」(テレビ誌ライター)

 ネット上では、田中のキャラに対して、「田中みな実の眼帯が鳩サブレにしか見えない」「丹下段平みたいになってるところが好き」 “ツッコミ祭り”が収まらない状態となっている。

「キャラが濃すぎて、彼女のシーンだけチープなコントみたいになっていましたが、アユ役の安斉かれんも女優デビュー作とあってそうとうな棒演技でしたから、田中がいることで世界観が調和されていたように思います。とはいえ、かなりのキワモノですから、せっかく手に入れた女性ファンを失うことにならなければいいですけどね(笑)」(前出・テレビ誌ライター)

 一人だけ異質な演技を見せる田中が、ドラマ全体に吉と出るか凶と出るか見物だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/19 22:00

ただの水野美紀? 写輪眼? ドラマ『M』田中みな実の怪演にツッコミ祭りのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

千鳥・大吾とテレビの中のパンティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真